So-net無料ブログ作成

岩手・葛根田川~大深沢その3 「ナイアガラの滝」に感動 [岩手・葛根田川~大深沢 2011夏]

 八瀬森山荘から関東沢支流に下ります。右に左に蛇行する流れをヤブを漕いでいると次第に水量を増してきました。すぐに1050mの二俣に着きます。この辺りはイワナがうじゃうじゃいます。足を下ろすたびにいくつもの黒い影がスイーッと動くのです!

 一度5m程の滝の下りに右岸のヤブの中を懸垂下降したほかは、延々河原の中を下ります。やがて大深沢の本流に着きました。そこからはまた素晴らしい渓相です。

左右2条の滝 右岸のルンゼを通り抜けた

 自然林に囲まれた穏やかな流れです。思ったよりバテずに順調に来ています。

穏やかな沢相が続く大深沢

 やがて沢の突き当たりに幅広の滝が見えてきました。

沢の奥に見えだした「ナイアガラの滝」

 いわゆる「ナイアガラの滝」です!幅は30m、高さは10mくらいでしょうか。こんな奥深い渓谷で印象的な滝に出会うとは…大きさも姿かたちも素晴らしい滝です。

これがナイアガラの滝だ!

 水流の左手をロープを出して登りますが、落ち口は枯れかけた木を頼りに突破しました。ちょっと危なかったかな?さてそのあと、またナメが続くのです。北海道のクワウンナイ川を思い出しました。あの時も魚止めの滝を越えると滝の瀬十三丁のナメが始まったのです。

ナイアガラの滝上はナメが続く

 すぐに三俣ですが、適当な幕営地を見つけられず、時間もまだ早いのでもう少し先を急ぎます。ナメをどんどん越えていくのですが、幕営地はありません。15時半前にようやく先行者のテン場跡を見つけそこに泊まりました。

まるでクワウンナイ川のようなナメが続く

◆葛根田川~大深沢 (2011年7月22日~24日)

1.葛根田地熱発電所(8:50/10:05)大ベコ沢出合(10:15/13:45)滝ノ又出合T.S

さすがの「癒し沢」でした

2.T.S(6:45/7:40)北ノ又支流出合(7:50/9:50)八瀬森山荘(9:55/10:35)関東沢支流二俣(10:50/15:20)三俣より北ノ又沢を1時間ほど上がったところT.S

源頭には湿原が待っていた!

「ナイアガラの滝」に感動

3.T.S(6:40/8:25)支流ヤブ漕ぎ(8:30/9:40)大深山荘(10:00/12:20)松川温泉

奇跡のヤブ漕ぎ、そしてお花畑!


 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0