So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

石川・金沢で大学の同窓会旅行 [日常]

兼六園 霞ヶ池花見橋からの眺め近江町市場

 久しぶりなのに屈託無く話せるなんて…
 ともすれば青臭い話も真面目に話せるなんて…
 不健康自慢のオンパレードだったけれど…
 みんな笑いに包まれて…
 本当に楽しかったです!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

乗鞍岳でテレマーク 練習の成果が出た「瞬間」があった! [テレマークがうまくなりたい!]

 歳をとったらとったで、家の用事が以前より増えてきたりして「やっと子供の手が離れたのに…」と思うことがしばしばあります。世間は10連休だとやってますが、いろんな事情で休みがとれない人もいますよね。そんな中パートナーさんと1日だけ休みを合わせることができました。

 この冬にスキーの練習をしていたこともあり、これまで2人とも行った事がない乗鞍岳へスキーをしに行くことにしました。

三本滝のバス停

 三本滝レストハウスの駐車場に3時過ぎに到着。満点の星が明日の好天を約束してくれます。駐車場からはアルピコが春山バスを運行しています。8時から係員の方がきて券売していました。バスに並ぶ人同士でスキー道具の話をしたり、あちらこちらで情報交換がされていました。
 8時45分のバスは15分ほど遅れて出発。位ヶ原山荘までは存外に距離があるので、この春山バスはありがたいです。片道1,250円です。

位ヶ原からひと登りで剣ヶ峰が見えてきた

 位ヶ原山荘からすぐに雪面をシールをつけて登りだします。みなさん口々に「今年は雪が多い」と話しています。1〜2月は全然降らず心配していたけれど、3月以降降ってさらに4月にも降ったからだとのことでした。

右手に肩の小屋が見えます

 およそ1時間ちょっとで肩の小屋口のトイレが見えるところに出ました。左から剣ヶ峰、蚕玉岳、朝日岳の三山が並んでいます。

北アルプス南部の山々と宇宙線研究所観測所

 北アルプス南部の山々が広がります。常念、大天井、穂高連峰、黒いのが槍ヶ岳、西鎌尾根、笠、黒部五郎など一望です。
 目を下にやると東京大学の宇宙線観測所が見えます。この観測所でいくつものシーズンを過ごした知人がいて、楽しそうに話していたのを思い出します。

朝日岳と蚕玉岳の鞍部に出ました

 朝日岳と蚕玉岳の鞍部に着きました。結構きつかったです。寝不足とシャリばてかなぁ。この鞍部から滑走する人もいるようでした。蚕玉岳への登りはちょっとです。

剣ヶ峰が見えてきました

 剣ヶ峰です。大勢の人で賑わっていました。雪も緩んだ状態だったので結局アイゼンをつけず、テレマークの靴で登ってしまいました。なんども登っている人に聞くと「凍っていることもあるなので、やっぱりリュックにアイゼンは入れておく」とのことでした。

途中から緩傾斜となって気持ちいい!

 さあ、剣ヶ峰と蚕玉岳の鞍部から滑走します。パートナーさんは安定のパラレルで滑っていきます。さて私はというと、、、急傾斜では一回一回ターンするのが精一杯で、連続ができません。

 しかし緩傾斜になると、大きな弧を描いてテレマークターンが連続でできました!気持ちいい〜!

滑ってきた!

 そのうち太ももの張りで持ちこたえる事ができなくなりました。めいほうスキー場に行った時も同じようなことになりました。きっと余計な力が入っているので長時間、長距離の滑走をしていると張ってくるのでしょうね。最後はヨレヨレです。

 ゲレンデでも中級者のコースになると余裕がなくなっていました。「練習でできないことは本番でできない」子供に言うことのような当たり前のことですよね、まったく…
 2018-19シーズンのスキーはこれで終わりでしょうが、今から来シーズンが楽しみになってきました。

スマホの記録はこちら

■乗鞍岳 テレマーク 2019/5/4
位ヶ原山荘(9:25/12:30)剣ヶ峰(12:35/15:10)三本滝駐車場

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

たぶん30年ぶりに…スキーのシールを買ってしまった [テレマークがうまくなりたい!]

スキー シール G3 アルピニスト プラス GRIP

 スキーのシールは就職したての時に買いました。モンタナ社のものでした。今回久しぶりに取り出してみると、糊がベトベトで使い物になりそうもありません。

 そこで大阪・玉造のテレマークショップSOUさんに電話すると、G3 ALPINIST+ GRIPの在庫があるということなので取り置きしてもらい、後日スキー板を持って行ってトリミングしてもらいました。

 トリミングは慣れた人ならできるのでしょうが、自分一人では難しいと感じました。やってもらって良かったです。

 シールの取り扱いについては以下のことを教わりました。

シールは普段保管する時は購入時に張ってあった透明のフィルムを貼っておくこと。このフィルムを捨てる人が多い。

山へ行く時はネットを張る。ネットを付けっ放しにしている人が多いが、ネットが接着剤にめり込んでしまいに網までベトベトするので、山へ行く時だけにすること。

山から帰ったら、できたら両面を陰干しして、その後前述のビニールを張って保管すること。人によっては冷蔵庫で保管する人もいる。高温多湿は苦手なので。

シールの寿命は3年ぐらいかなあ。グルーは4〜5,000円で売っていますが、コツがいるし難しいです。専門の業者に頼むと10,000円くらいかかるが、それでもそっちの方がいいと思う。


 さらに家に帰って取り扱い説明書を読んでいると「スキーツアーに出る前夜からスキーにスキンを張ったままにするのはおやめください」とあった。わたし、これをやっていました。反省です。

 G3の取り扱い輸入代理店は我々世代にはキャラバン・シューズでお馴染みのcaravanキャラバンなんですね。頑張ってるなあ〜と思いました。

 G3の英語サイトはこちら


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

吉野〜洞川温泉 大峰奥駆道の最初のところ [関西の沢と岩と雪]

 吉野の桜を堪能しました。さらに上へ上へと歩いていくと、だんだん人が少なくなってきました。そして金峯神社です。栄花物語に藤原道長が詣でたとの記述がある神社だそうです。

金峯山寺

 金峯山寺から石の坂道を登っていくと開けたところに出ました。こちらでは桜の植樹をしていました。奥千本の桜は遊歩道の順路に沿って歩くと見ることができるのかな?時期も少し早かったかもしれません。

桜を植樹していた

 そしていよいよ山道に入って行きます。女人結界。少しどきっとしました。吉野駅に置いてあったイラスト地図「吉野山みてあるき」によると「旧女人結界の碑」とあります。

いよいよ山道へ

 すぐに青根ヶ峰に着きました。大滝から蜻蛉の滝を経由して登ってきた人がいました。吉野は人が多く、車も難儀なので山を越えて桜を見にいくとのこと。なるほどね〜。ここまで2時間かかったとのことでした。

青根ヶ峰

 先へ進むと、意外なことに車道と何度も行き交うのです。大峰といえどもこの辺りは植林も進んでいるし、道路が出てきたりします。吉野大峯線という林道のようです。
 もう少し先のところに林道高原洞川線との看板があって、その時は高原を「こうげん」と読んだのでリゾート開発でもされているのかと訝ったのですが、家に帰って地図を見たら「たかはら」という地名があるのですね。気が晴れました。

四寸岩山

 四寸岩山は展望がきいて、山上ヶ岳方面を見ると残雪がありました。ちょっとびっくりです。写真は稲村ヶ岳かな。もうすぐ戸開け式なのに例年こんなもんでしょうか。
 この辺りの道には白い岩の露頭が見られます。石灰岩っぽい色ツヤでした。

山上ヶ岳方面 残雪があった

 大峰といえば「奥駆け」です。途中信仰のためと思われる無人小屋、足摺宿がありました。信仰のための祭壇があったり、気軽には泊まれない雰囲気です。

無人小屋がありました

 下は二蔵宿小屋です。こちらはストーブもあったりします。足摺宿よりオープンな雰囲気ですが、やはり信仰の方が優先とのこと。

二蔵宿小屋

 ここから大天井ヶ岳までは、モノレールの軌道に沿った道で、急登でした。途中でロープが出てきました。

大天井ヶ岳

 大休止を取るつもりでしたが、ここで12寺半。洞川で温泉に入り15寺58分発のバスに乗るためには、あんまりゆっくりできません。急な道を一歩一歩ゆっくり降りて行きます。狭い尾根に木の根が入り乱れて大峰らしくなってきました。

大峰らしくなってきた

 40分ほど駆けて五番関に到着。女人結界です。なかなか難しい問題ですが、地元の方の気持ちを第一に考えることが大事かな、と思いました。女性は違う意見でしょうね。

五番関

 もう安全圏内だと想像していたのですが意外とペースが上がりません。沢筋の道を降りて、ようやく五番関トンネルのところに着きました。ここから洞川温泉までコースタイムで林道を1時間40分。

五番関トンネル

 覚悟を決めて歩き出して間も無く、トラックの運転手さんが「乗っていく?」と声をかけてくれました。「いいんですか、わー、ありがとうございます!」と喜んで乗らせてもらいました。早い早い。何と洞川温泉の浴場まで送っていただきました。トラックには「白の平オートキャンプ」と書かれていましたから、関係者の方かもしれません。

 というわけで最後はあっけなかったのですが、まあいいかと思いまして。新緑には少し早かったようですし、山深さもそれほど感じませんでした。ゆっくり洞川温泉に浸かって振り返ったのですが、大峰奥駆道の本番は、やはり洞川から南へ始まるのでしょうね。いつか行ってみたいものです。大峯の戸開け式は5月3日だそうです。

■吉野〜五番関 縦走 2019/4/13
金峯神社(8:30/8:45)青根ヶ峰(8:50/10:25)四寸岩山(10:35/12:30)大天井ヶ岳(12:40/13:20)五番関

■スマホの記録はこちら

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

桜咲く吉野「一目千本」さすがでした [大阪発家族でアウトドア]

 奈良・吉野の桜はつとに有名ですが、大混雑と大渋滞のイメージが強すぎて、これまで行ったことがありませんでした。でも早朝なら大丈夫だろうと行ってみました。

吉野の駅を出発

 ロープウェイは今年久しぶりに復活しました。とても可愛らしいゴンドラです。始発前だったので、乗ることは叶いませんでしたが、一度乗ってみたいものです。

ロープウェイが復活しました

 そうこうするうちに桜並木が始まりました。

桜並木が始まりました

 まだ7時過ぎなのですが、朝の光加減を狙ったカメラマンがたくさんいます。観光の方ももうだいぶんいました。この分だと昼間はすごいことになるのではないでしょうか。

陶器やお土産さんが軒を連ねます

 金峯山寺の仁王門と蔵王堂です。

P4130008.jpg

 この日は青空が広がり、とても綺麗です。

青空でよかった

 撮影スポットの大勢のカメラマンに混じって私もパチリ。光加減をみなさん狙うのでしょうね。難しいです。

中千本あたりです

 ポスターなどでよく見る撮影スポットです。

上千本あたりです

 山全体がピンクに染まっているのです。「一目千本」とはよく言ったものです。

もう山全体が桜です

 吉野水分神社にきました。実はこのあと奥千本を経て、洞川温泉目指して奥駆けの道に入って行きました。その報告は次回で。

吉野水分神社

タグ:吉野 桜
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

奈良・佐保川の桜並木 [日常]

奈良・佐保川の桜並木

 とても気持ちの良いお天気に誘われて。花見でも行こうかと奈良・佐保川の桜並木へ。地元の自治会がとても大切にしているようです。きちんと管理された両岸に桜並木が続きます。騒がしさもないしみんなおもいおもいに楽しんでいる風。

 大仏鉄道の記念公園のシダレサクラも見てから、そのまま南へ向いて油阪船橋商店街を歩くと、新しい若い人向けのカフェができていたりと、また新しいスポットが生まれつつあるようでした。

 近鉄奈良の駅近くで生ビールを飲んだら(2杯も!)、眠くて眠くて仕方ない。帰りの電車はずっと船を漕いでいました。あ〜あれは春だったねー♪


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「那須岳雪崩事故の真相」 雪崩学の阿部幹雄さんの取材でした [山の本、TVなどメディア関係]

 けさ何気なくテレビ朝日系列のドキュメンタリー・テレメンタリーを見ました。サブタイトルは「那須岳雪崩事故の真相」です。

 那須岳で高校生を対象とした、栃木県高校体育連盟主催の春山安全登山講習で起きた雪崩事故で生徒7人、教員1人が死亡した2017年3月の事故です。

 ドキュメンタリーでは、ラッセル訓練の目的や指示命令がはっきりしなかった事や、無線での通報で本部に伝わったのが39分かかった事に注目しています。雪崩で埋まった人の生存率は18分以降急激に下がるそうです。そのために、救える命を救えなかったのではないかと示唆します。一方でどうして携帯電話を使わなかったのか疑問を呈しています。
 また2010年に同じ場所で行われた春山講習会で、雪崩により生徒が首や腰まで埋まった事故がありました。しかし怪我人が出なかったことから「講習会がなくなってしまうのでは。高校生の冬山訓練がなくなってしまうのでは」と、教育委員会に報告をしなかった当時の引率教員たちの証言がありました。これは学校教育そのものの体質の問題でしょう。
 こうした高校山岳部を取り巻く憂うべき実態が明らかにされます。

 最初から明らかにプロではないナレーションが続くので「変だな」と思っていたのですが、取材は阿部幹雄さんがしていました。阿部さんは中国・四川省のミニャコンガの登山に参加した際、仲間を8人を滑落で亡くしているそうです。雪崩学の本も何冊も書かれています。

 阿部さんのナレーションはお世辞にも上手ではありませんが、聞いていくうちに妙に説得力がありました。それは雪崩の怖さをよく知っている人ならではの言葉の選び方なのだと思います。阿部さんだから高校生たちも遺族の方も取材に答えてくれたのだと思います。

 私は那須岳の雪崩事故が起きて改めて思っているのですが、高校生でも大学生でも社会人でも、厳しい気象条件の時に前進する必要はないと思っています。自分も「根性論」で育ってきたクチなので自戒を込めてです。悪天候で登山するのは、山を征服対象とする考えの延長ではないでしょうか。

 かといって冬山、雪山を禁止するのは反対です。天気が悪ければ「沈殿」すれば良いのです。「沈殿」の時の過ごし方も立派な、登山経験だと思うのです。


 と、阿部さんに感心していたら、今月29日に同名の本を出版されるようです。なるほど、つながりました…

nice!(1)  コメント(0) 

めいほうスキー場でテレマーク α5000で脚がパンパン [テレマークがうまくなりたい!]

 これまで関西のゲレンデでテレマークの練習をしてきましたが、長い距離を滑走したくなりました。しかも初心者向けの緩傾斜があるところ…岐阜ならまだ雪があるだろうと、めいほうスキー場行きの夜行バスに乗り込みました。

190323めいほうスキー場.jpg

 120センチの積雪とのことでしたが、すっかり山は春が訪れていました(^ ^)。そらそうですよね。

 さてめいほうスキー場は初心者向きのコースにαの文字を当てています。α5000という長い距離のコースをやってみたのですが、これがホントに長くて途端に脚がパンパンになってしまいました。

190323御嶽山.jpg

 山頂からは御嶽山が本当に間近に見ることができます。それに乗鞍岳、北アルプスも槍ヶ岳も黒い穂先が見えました(と思う)、西に目を向けると真っ白な山も見えました。大日ヶ岳でしょうか。

 テレマークは緩斜面では足を左右交互にずらしながら、そこそこスピードもあげて滑られるようになりました。本当はもう少しスピードコントロールできるようになりたいです。中級者向けの斜面ではこけないようにするのが精一杯ですね。

190323明宝ハム.jpg

 めいほうスキー場はテレマークの人は全く見かけませんでした。私一人のようです。シーズンの問題でしょうか?

 朝の7時半から滑っているので13時半が限界です。温泉へのシャトルバスは残念ながら3/17で終了していました。残念。
 ビールを飲んだり、ぼんやり景色を眺めたり。まったりしてバスの出発時間16時まで時間を過ごしました。たまにはこんな時間の過ごし方もいいもんです。
 そしてお土産はもちろん「明宝ハム」!30周年の記念タオルをもらいました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

南紀の白浜へドライブ〜三段壁と千畳敷 [大阪発家族でアウトドア]

南紀白浜の三段壁

 運転の練習にと二男と南紀・白浜へドライブへ出かけました。白浜は家族でアドベンチャーワールドへ行ったことがありますが、これら定番観光地を子供と訪れるのは初めてです。

 2時間半くらいかけて到着。この日は風も強く白波が立っていました。三段壁では交番があったり、いのちの電話が設置されていたりと、やっぱりそういう人がいるのだなあと思いました。

南紀白浜の千畳敷

 大自然を味わった後は、「とれとれ市場」でご飯を食べて帰りました。運転した二男は「疲れた〜」と言ってましたが、嬉しそうでもありました。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

テレマーク「歩くのと一緒」アドバイスをもらう [テレマークがうまくなりたい!]

 大阪へ出たついでに、玉造のテレマーク・スキーショップ、SOUに顔を出しました。店主のSOUさんに今の我流のテレマークで良いのか聞いてみます。以下、SOUさんのアドバイスです。

 歩くのと一緒。板が揃っている状態はバランスが悪く安定しない。だから交互にすぐに足を出します。基本は右足と左足は五分五分の重心なんですが、はじめのうちは後ろ足に六分でいいです。


 例えば、後ろ足(左足)に重心、少し回すような気持ちで前足(右足)を出し、この時点で真ん中に重心。そのまま今度は右足に重心をとり後ろ足に。すぐに左足を少し回すように出して前足に。


 
歩くのと一緒なんです。階段に降りる時の重心移動です。

 
どのタイミングで後ろ足に重心を乗せて膝を曲げるかは、最初はあんまり考えなくてもいいです。


 この時期のゲレンデは、朝のうちがコンディションがいいです。ベチャとするとあまりよい練習はできないんです。今年は関西は残念ながら、もう終わりましたね。岐阜か白馬まで行くとまだ滑れるのでぜひ。


 ある程度今やっていることに確信が持てたので、また行きたくなってきた。しかし岐阜や白馬に行くチャンスがあるかしら。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -