So-net無料ブログ作成
検索選択

金剛山モミジ谷 なかなか形の良い氷瀑でした [関西の沢と岩と雪]

 「最強寒波」が来ていて、北陸や山陰に大量の降雪のようです。本当は京都北山などに行きたかったのですが、一人でラッセルもなかなかしんどいので、お気軽な気持ちでこの冬のシーズン初めての金剛山に行くことにしました。

水越峠から歩き出す

 近鉄・富田林駅8:20発のバスに乗って水越峠へ。バス停から車道を登って峠へ。以前ダイトレの途中に寄ったのを思い出します。幅の広い林道には、子連れを含む大勢の人がいます。子供達はさっそく雪玉を作って遊んでいました。

 ダイトレへの道と分かれ直進すると「モミジ谷」の標識があり、いよいよ谷間に入って行きます。谷を右に左に渡渉しながらどんどん登って行きます。積雪は膝下くらい、30cmくらいはあるでしょうか。

ルートには所々補助ロープがあった

 危険なところには補助ロープがあって、いたせりつくせりです。今回は迷うところはありませんでしたが、枝谷がいくつもあってトレースがないと判断を迫られそうです。

氷瀑はなかなか立派なものです

 きれいなVの字の谷を進み、水の流れも少なくなってきたなあと思ったら突然目の前に。ついに現れた氷瀑です。第6堰堤と呼ばれているそうです。

氷瀑です

 なかなか形の良い氷瀑ですね。惜しむらくは背後の堰堤です。仕方ないでしょうね…
 滝上に出ると、広々としたところに出ます。また谷あいを進み、途中から左手の尾根に上がります。尾根は急登ですが、補助ロープがベタ張りで、遠慮なく使わせてもらいました。稜線上に上がり三叉路を右手に進むと転法輪寺の本堂横に出て来ました。

山頂には大勢の人がいました

 国見城跡にはめちゃくちゃ人がいました。中高年のグループが作るラーメンの良い匂いが漂い、ボーイスカウトの耐寒登山も。山ガールも多いです。中にはマウンテンバイクできている人も!
 私はとっとと千早本道を駆け下りて12時8分の河内長野行きの南海バスに乗って帰りました。

 こんなに雪が積もっている時期に登れてよかったです。昔は金剛山はほとんど登らなかったのですが、多くのコースがあって、夏は沢登り、冬は氷瀑巡りと多くの楽しみ方ができる「近くて良い山」です。アプローチが良いので半日で遊べるところも魅力ですよね。

■関連エントリ
金剛山の妙見谷 思ったよりイイ!
ダイトレ二日目 金剛山パート
金剛山・ツツジ尾谷 滝は凍ってなかった
金剛山は山ガールがいっぱい
金剛山に子供と登山

■金剛山モミジ谷 2017/2/12
水越峠(9:05/9:45)モミジ谷入り口(9:45/10:25)第6堰堤の氷瀑(10:30/11:00)転法輪寺(11:15/11:50)金剛山登山口バス停


金剛山 (ヤマケイ関西ブックス)

金剛山 (ヤマケイ関西ブックス)

  • 作者: 山と渓谷社
  • 出版社/メーカー: 山と溪谷社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 単行本



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

快晴の氷ノ山 初めて鳥取・若桜から登りました [関西の沢と岩と雪]

 土曜日は日本海側の方がお天気が良いと聞き、急きょ氷ノ山へ行くことにしました。これまで兵庫県側の東尾根や大段が平から登ったことがありますが、今回使ったのは鳥取県若桜町側からです。深夜の車で約3時間でわかさ氷ノ山スキー場に着いてしまいました。

わかさ氷ノ山スキー場のリフトで最上部まで

 リフトは8時に営業開始です。スキー場の「樹氷スノーピア」で登山届けを出します。

急登を終え、やっとなだらかに

 リフトトップでシールを装着して進みますが、最初は急登で難しかったです。私はビンディングが外れたりして、「山スキーは道具の整備が重要」と改めて思いました。上の写真は少しなだらかな尾根状になったところです。

時折青空が…天気が回復してきました。

 ガスの中、時折日差しが出てきて、幻想的な雰囲気です。ルートには山スキーの方が多いような気がしたのですが、進む速さはスノーシューの方がなんだかんだで早いような気がしました(^ ^)

どんどん青空が広がってきた

 どんどん青空が広がってきました。避難小屋のある三ノ丸方面へはなだらかな広い尾根を進みます。とっても楽しい気分です。ちなみに三ノ丸は鳥取側の名称で、兵庫側では二ノ丸と言うようです。何故なんでしょうね?

氷ノ山の山頂です

 三ノ丸付近からやっと氷ノ山山頂が見えました。こんな雄大な氷ノ山は初めて見ます。兵庫側からだと経験できないかもしれないですね。

氷ノ山の避難小屋です

 11時20分ごろに山頂に到着です。鉢伏のスキー場や大山も見えました。来たルートを振り返ると、本当になだらかな尾根が続いています。東尾根方面から登ってくる人もいて賑やかです。少し休んで11時40分ごろに出発。

三ノ丸方面を望む

 下山のルートは「わさび谷」です。三の丸の手前から適当に降りていきます。

わさび谷

 しかしやっぱりスキーって難しいですね。ほとんどターンを決められませんでした。

もうすぐスキー場だ

 最後は植林帯となり閉口しましたが、なんとかスキー場に。ほとんど登りと同じ時間をかけてだいぶパートナーさんに迷惑をかけました。私のスキー下手のせいです。m(_ _)m

 若桜ゆはら温泉ふれあいの湯で風呂に入り(mont-bellカードで半額の¥200だった)、帰路につきました。

 鳥取の若桜が良いのは1,190mまでリフトが伸びていることです。兵庫県側の東尾根で利用する氷ノ山国際スキー場は850mなので、体力のない私たちには大きな魅力です。「また行きたい」と言いたいところですが、その前にスキーの技術を上げないと、です。

■氷ノ山 2017/2/4
わかさ氷ノ山スキー場(8:40/10:00)三ノ丸(10:00/11:20)氷ノ山(11:40/12:25)下降点(12:40/14:20)スキー場にて下山届け





山スキー百山

山スキー百山

  • 作者: スキーアルピニズム研究会
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

映画「メルー」ジミー・チン監督のサイン入りパンフ届く [山の本、TVなどメディア関係]

ジミー・チン監督のサイン入りパンフレット

 ある日、家に帰ると大きな茶色い封筒が机に置かれていました。差出人は「山と渓谷社」。いそいで開けると映画「メルー」のパンフレット。監督のジミー・チンさんのサイン入りです。

 たぶん酔った勢いで応募したのでしょう(^ ^)すっかり応募したことを忘れていたのですが、なんにせよ当たることはうれしいものです。中身を見るとこれがまた豪華な執筆陣です。

 2006年にメルー中央峰シャークスフィン第2登を果たした馬目弘仁さん、黒田誠さん、花谷泰広さん。それに山野井泰史さん、平山ユージさん、安間佐千さんも特別寄稿しています。映画の配給は「ピクチャーズ・デプト」というところなのですが、登山をわかっている人がパンフレットを作っているなあと感心しました。

 実はまだ映画を見ていなかったので慌てて仕事終わりで見に行きました。



 ガンゴトリ山群のメルーに挑む3人のクライマーの姿。リーダーのコンラッド・アンカーはマロリーの遺体を見つけた人物として有名です。

 クライミングシーンだけでなく、描かれているのは実生活とかかわりながらの登山。家族とのかかわりながらの登山です。様々なトラブルが起きるのですがそれでも登山を続けます。

 たぶん登山されていない方は、なぜそこまでして登るのだろうと思うのでしょうが「生きていることを実感しに山へ行く」そんなことを思わす内容でした。

 コンラッド・アンカーの登頂後の次の言葉が印象的です
 「もう行かなくてすむ」

 まだ細々と上映が続いているようです。登山好きな方は是非どうぞ。それにしても「クスクス」ってなんだ?美味しいのか?まずいのか?

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

霧氷バスで大峰・和佐又山へ [関西の沢と岩と雪]

和佐又山

 奈良交通が運行する霧氷バスに乗って、奈良の和佐又山へ行って来ました。大和上市駅を9時に出発。お客さんは10人くらいでしょうか。和佐又山登山口には9時50分頃に到着です。

 しばらく林道を行き、途中で沢道コースを選びます。トレースはある程度残っているのですが、斜面のトラバース時は上部からの雪が溜まっていてトレースが消えることもしばしばありました。たいていのところはピンクのテープや標識があるのですが、最後の登りでは吹き溜まりのところでルートが隠れ考えさせられました。結局、雪の締まった斜面からルートに再合流しました。

 11時50分頃に和佐又ヒュッテに到着。スキー場では子供達がソリで滑ったり、かまくらを作ったりで楽しそうです。ここのスキー場にはリフトがありません。子供達はよいしょよいしょと雪の斜面を登ってはバタッと倒れ込んで休憩し、じゃれあっています。

 12時に和佐又山を目指します。ヒュッテ横のフェンス入り口から取り付きましたが、ここも吹き溜まりになっているようでワカンを装着。トレースはありません。すねくらいの深さを延々ラッセルして行きます。そこから尾根に出ると、風で雪が飛ばされたところをひろって登って行くとやっと頂上につきました。

 頂上では風が結構な強さで吹いています。晴れていると大普賢岳が間近に迫り良い眺望なんでしょうね。和佐又のコル方面からのトレースがかすかに残っていました。

 天気予報通り、天気は悪化しているようです。帰りは降雪の中林道を下り、40分でバス停に着きました。出発までバスの中で待機し、16時にバスは出発。
 うとうとしていますと雨の音で目が覚めました。下界は結構お天気が悪かったそうですね。

 霧氷バスでの登山はずっと前に高見山へ行って以来でした。今回は帰りの時間に間に合うか心配だったのですが、結果的にはめちゃくちゃ余裕でした。

 数少ない冬季限定の登山バスなので、霧氷バスにはいつまでも残って欲しいなあと思います。

■関連エントリ
関西で公共交通機関を使って日帰りの雪山が楽しめるのは?

■大峰・和佐又山 2017/1/22
大和上市(9:00/9:50)和佐又山登山口(10:00/11:50)和佐又ヒュッテ(12:00/12:50)和佐又山(12:55/13:25)和佐又ヒュッテ(14:00/14:40)和佐又山登山口(16:00/16:55)大和上市





nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

高校バスケ新人戦 惜しかったぁ… [日常]

 バスケットをやっている二男の高校の試合を見てきました。新人戦ということで、4月のインターハイのシードがかかっているはずです。

 相手は強豪で知られる私立校でしたが、前半から押し気味に試合を進め、当初は余裕を見せていた私立校のベンチは「まさか…」の雰囲気が漂います。

 最終クォーターになると、自力に勝る私立校が要所要所でシュートを確実に決めて、この試合初めてのリード。私立校ベンチは大騒ぎ。この辺り流石でした。

 試合をひっくり返されましたが二男高は最後まで諦めず、相手を苦しめに苦しめました。立派だと思います。

 こんなレベルの高い試合をしているのですね。試合が終わってもワクワクドキドキがなかなかおさまりませんでした。

 うちの二男はベンチを温めていただけですが、ベンチから見るこの試合の光景は忘れられないものになっているのでしょうね。それを考えるだけでこちらまで熱くなってしまいます。

 残すはインターハイです!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

伯耆大山は雪少なし

伯耆大山 西側から見たところ

 本当に雪が少なかったです。おかげでブッシュがうるさく、バリエーションルートは薮漕ぎを強いられました。本日は気温が高く雨も降ったので早々に退散となりました。

 後日ご報告します。

 写真は大山の西面を米子自動車道から撮影(2017/1/7撮影)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

元気な人の言葉 今年の山の目標 [日常]

 仕事がなかなか終わらず、結局年末年始はこんなに天候が安定しているのに、行けなかった。こんな機会は滅多にないのに…

 その代わり年始の挨拶で昨年春に就職した姪っ子と話していたら元気が出た。「好きな人生を生きている人の言葉」って良いもんだなあと、思ったのでした。

 ところで今年の山の目標

▼オールラウンドで四季を通じて登山する。
▼ジムにもっと通う。最近自信をなくしていた外岩でのリードに取り組む。
▼ハイキング山行をもっと充実させる。ハイキングに付加価値をつけて日帰りでも行って体力維持に努める。

 まあ毎年代わり映えしないのですが、あえて声に出して自分を追い詰めたいと思います。次の目標も大事かと思っています。

▼やせる

 頑張ります!
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

NHK「山女日記」 内省的な登山が描かれていました [山の本、TVなどメディア関係]

 山のドラマは2時間ものから連続ものまで色々とありますが、今回の「山女日記」は(失礼ながら)想像していたよりよかったです。

 見た方もいらっしゃるでしょうが、第1回と第2回の妙高山・火打山篇では、街の厄介ごとをそのまま山に持ち込んでいる女性が出て来ます。「山の典型的なトラブル登山家」に主人公の女性ガイドが振り回されているという感じで話が進んだので、最初は(ちょっとなあ)と思いました。

 その後、唐松岳には主人公の元同僚との登山、白馬岳には文明の利器嫌いのオールドクライマーや家庭にトラブルを持っている高齢者などが出て来ます。それぞれの人生を背負ってガイド登山に参加してくるのです。それに主人公の人生も投影されて来て、複層的な展開を見せます。

 原作は湊かなえさんです。ミステリー作家のイメージが強かったのですが、湊さんはとても登山好きなのですね。知りませんでした。脚本は吉川次郎さん。窪田ミナさんの音楽も染み入る感じがしてよかったです。
 登山指導は降籏義道さんです。公式HPに降籏さんのブログが公開されていて、撮影の裏話を知ることができます。白馬大雪渓の雪解けは相当だったようですね。

 それにしても、このドラマはオールロケですよね。すごいと思います。ドローンが何度も効果的に使われていました。
 天候の判断はもちろん俳優さんの山でのお世話や撮影機材を持ち上がったりと、ロケは大変だったと思います。さすがNHK、お金かかっています。

 ドラマの登場人物は皆、何らかの悩みを抱えて登山しています。どこか内省的なところは実際の登山者と通じるところがあると思っています。登山はすごく内省的な行為です。そして一生懸命登っていると、「いろんな悩み事なんて些細なことだな」と思えてくるんですよね。

 冒頭の決まり文句が「うんうん、そうそう」という感じ。

山を登る。それはどこの石に足を置くか、ひと足ひと足、果てしなく探すこと。まるで人生のようです。山に登って見ませんか。もしかしたらあなたの探し物もそこに…


 いろんなことを感じさせてくれる「山ドラマ」でした。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新雪の滋賀・赤坂山 雪を踏みしめ、ちょっと得した気分です [関西の沢と岩と雪]

 先週の大峰・釈迦ヶ岳で樹氷を見られたという余韻に浸る中、ニュースで近畿北部に降雪があったと聞きました。箱館山スキー場では自然雪が5〜10センチとのこと。湖北なら適度の雪を楽しめそうだと、赤坂山へ行くことにしました。

新雪が積もったマキノスキー場

 マキノ高原のスキー場は新雪がうっすらと積もっています。道の突き当たりから右の尾根に登って行くのですが、最初は丸太階段の急登です。

 やがて樹間の間をくぐり抜けて行くような気持ちの良い道を進みます。雪はくるぶしが沈む程度で、ペースは快調です。途中の東屋も本格的な雪のシーズンでは雪の壁ができるほどらしいですが、今は屋根に雪が積もった程度です。

粟柄越への道ははっきりしている

 高圧鉄塔の電線下を通ると、堰堤がありました。堰堤脇を右から越え、左岸を進んでから道は尾根上のつづら折れとなりました。樹木も低くなり空が開けてくるとやがて粟柄越です。

真ん中の白い山が赤坂山

 峠は福井県美浜町への道が続いていました。頭上の高圧電線は美浜の原発からの送電のためにあるのでしょうか?
 そのうち白いピークが見えました。そこが赤坂山です。

新雪の赤坂山頂上 向こうに見えるのは三国山

 ピークは風が強く岩陰で昼食です。北側には三国山↑。

赤坂山から見る粟柄越、大谷山方面

 南側↑には寒風山など大谷山方面が見えます。積もればスキーコースになるのもわかります。

赤坂山から琵琶湖を見下ろす

 そして眼下には琵琶湖が輝いています。三国山まで往復するのもいいし、寒風山まで行って周遊するのもいいのでしょうが、私たちはすっかり満足感に包まれていたので(^ ^)、そのまま来た道を引き返すことに。約1時間半で下ることができました。

 赤坂山は積雪期に訪れたいと思っていたのですが、かと言って本格的な雪の頃ではラッセルになりそうなので躊躇していました。ちょうどいい頃に行くことができたと思います。アプローチも楽ですし。
 スキー場近くには「マキノ高原温泉サラサ」があります。有名なメタセコイヤ並木もありますが、写真撮影の方が危ないです(^ ^)。

■湖北・赤坂山 2016/12/17
マキノスキー場(7:30/10:20)赤坂山(10:40/12:10)スキー場




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大峰・釈迦ヶ岳 樹氷がとてもきれいでした [関西の沢と岩と雪]

 冬に向けてトレーニングしなければと気持ちを奮いたたせ(^ ^)、大峰の釈迦ヶ岳に行くことにしました。釈迦ヶ岳はこれまで学生の頃に縦走の途中で訪れただけです。
 大峰の中でも奥深くにある山頂ですが、旭川側からの登山口(太尾登山口)が整備されていて、1,250m付近まで車を乗り入れることができました。駐車場有、トイレは冬季閉鎖中でした。

大峰・釈迦ヶ岳 樹氷が出てきました

 尾根上の歩きやすい道です。今年1番の寒気とあって、風が冷たい!目出帽が欲しくなりましたし、軍手では寒かったです。
 どんどん進んで古田ノ森をすぎると、樹氷がとても綺麗になってきます(上の写真)

千丈平は樹氷が発達して特に綺麗でした

 千丈平(上の写真)まで来ると、樹氷が大きく成長していました。白い花が咲いたようで、とても幻想的なところでした。

樹氷

 千丈平からひと登りで奥駆道に合わさり、やがて釈迦ヶ岳山頂です。周りは真っ白で残念ながら展望はありませんでした。その代わり…

釈迦ヶ岳頂上に着きました

 お釈迦さまが真っ白です。

釈迦ヶ岳の釈迦も真っ白です

 山頂には次々と登山者が登ってきて、お釈迦さまを見ては、驚きと喜びの声をあげていました。

 結局、歩行時間は3時間半ほどなのですが、冬の寒さを経験できてよかったです。都会で暮らしているとここまで意識していなかったのですが、「もう冬」なのですね。実感しました〜

▼大峰・釈迦ヶ岳 2016/12/11
峠の登山口(7:25/8:45)千丈平(8:45/9:05)釈迦ヶ岳(9:25/10:50)峠の登山口




nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る