So-net無料ブログ作成
検索選択
クライミングを復活させたい ブログトップ
前の10件 | -

1981年チベット・シシャパンマ女子隊の秘話 [クライミングを復活させたい]

 北村節子さんといえば田部井淳子さん率いる1975年の「エベレスト日本女子登山隊」に参加した最年少メンバーであり読売新聞社の記者です。

 彼女は80年秋にチベット西部のシシャパンマ(8,012m)の偵察行にも田部井さんに誘われた形で参加しました。その際に田部井さんは「雪男」と遭遇し、田部井さんと北村さんは「足跡」も見つけたというエピソードを持ちます。(「雪男は向こうからやって来た」より 著:角幡唯介)

 その北村さんが81年のシシャパンマ本隊に参加した時のことを「チベット幻の山へ 8012メートル峰、頂上の旗」という小文にまとめていました。

 この時は北村さんは副隊長になっています。ご本人も言っていますが、よほど田部井さんと「ウマがあった」のでしょう。

 田部井さんと協力員リーダーは最終キャンプから頂上アタックします。そして4月30日に登頂に成功しました。秘話はそこから始まります。

(ここから引用)
 帰国後、頂上写真を現像して、あっと絶句。登頂証拠として貴重なその1枚。田部井さんが掲げる日の丸と五星紅旗。なんと、中国旗が上下逆なのだ!
(ここまで引用)

 旗を結んだのは協力員リーダーでした。もちろん当時はデジカメはありません。旗の上下逆さまの重大さは、わかる人にはわかるでしょう(^ ^)

(ここから引用)
(中略)いきさつを知ったカメラマンのO氏が「任せろ」と極秘任務を買って出てくれたのである。手練れの腕で、修正は見事に仕上がった。

 登山界では頂上写真に手を加えるなど大反則。が、ことは国家の名誉、それにレンちゃん(注:協力員リーダー)の処遇にもかかわりかねぬ。登頂を捏造しているわけではないのだから、と、ここに田部井・北村とO氏の「秘密」が成立。提稿、報道発表がクリアできた。
(引用ここまで)

 旗を結んだ協力員リーダーとはその後思わぬところで再会したというエピソードも盛り込まれています。

 もう時効ですよね。当時の社会情勢も伺えてとても楽しいエピソードでした。そして田部井さんが亡くなった今となっては、ちょっと哀しい気持ちになりました。「秘密話」に田部井さんの少女みたいな笑顔が眼に浮かぶようでした。


雪男は向こうからやって来た

雪男は向こうからやって来た

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

上高地の風景 何度見ても素晴らしい [クライミングを復活させたい]

上高地の河童橋の風景

 久しぶりに上高地へ。これだけ整った風景も珍しいと思うのです。とても素晴らしい風景です。芥川龍之介の時代には、きっともっと神秘的なところだったのでしょうね。

 北アルプスの焼岳に登ってきました。先ほど帰ってきたばかりです。報告は後日。

YAMAP(スマホ)の行動記録はこちら
https://yamap.co.jp/activity/901884


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

dマガジンで「山と渓谷」 ウルトラライトな登山用具 [クライミングを復活させたい]

 もうだいぶん前からなのですが、dマガジンに契約しタブレットやスマホで見ています。月額400円(税抜)です。書籍の山と渓谷が952円〜なので、それだけでも「元は取れる」と思っています。

 山と渓谷、ビーパルなどのアウトドア系だけでなく、週刊文春などの総合週刊誌やファッション誌など普段は買わないような雑誌まで見ることができるので、気に入っています。

 さて山と渓谷の4月号は特集が「最新「軽・快」登山マニュアル」でした。特集では、心拍数を一定にして登山する実験を通し、重い荷物は体への負担が大きいこと、速く登ることは快適でもあることから軽量化のメリットを説いています。

 軽量化の実践としてトランスジャパンアルプスレース参加者の松浦和弘さんの装備が参考になりました。初夏に金峰山〜甲武信ヶ岳の縦走として考えたとのこと。

【ウェアその他 2479g】帽子51g、時計83g、ネックゲイター・バラクラバ46g、下着(上下)78g、シャツ・アームカバー196g、ハーフパンツ・カーフレングス71g、ウインドシェル110g、レインウェア(上下)341g、グローブ30g、ソックス38g、トレランシューズ(ペア)770g、サングラス30g、防寒具(上下)382g、着替え(シャツ、下着、ソックス、パンツ、スタッフバッグ)253g
【行動用具 1472g】ザック最大30l・防水袋530g、ストック314g、ヘッドランプ・ハンドライト・予備電池142g、地図・行動計画表・マップケース47g、コンパス16g、スマホ・予備バッテリー191g、熊避け鈴14g、シャープペンシル7g、ナイフ21g、ティッシュ28g、水筒(ペットボトル900ml×2)66g、折り畳み傘96g
【幕営用具その他】ツエルト・マット・シュラフなど916g、調理器具・ガス355g、ファーストエイドキット168g、水・ポカリスェット1800g、食料(調理用食料、行動食、予備食、非常食)1916g、その他(財布、カメラなど)528g
【総重量】9634g(!)


 松浦さんはスピード化が図られ通常2泊3日のコースを1泊2日で終えてしまったとのこと。ツェルトの使用で幕営用具が1Kg未満なのは驚きですね。何を重視するか?何を犠牲にするか?どこに行くのか?天気はどうか?安全性をキープしながら軽量化を考えるのは楽しいです。

 スピードは登山で重要なファクターだと思います。良い天気を見計らって一気に縦走するスタイルは理にかなっていると思います。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

那須・雪崩事故 学校教育での登山が問われている [クライミングを復活させたい]

 那須のスキー場上部の斜面で起きた雪崩が、栃木県の高校山岳部の合同訓練のパーティーを襲いました。その結果7人の高校生と引率の教師1人の合わせて8人が死亡しました。あまりにも大きい犠牲に呆然としてしまいます。謹んでお悔やみを申し上げます。

 合同訓練の責任者の高校が警察の家宅捜索を受けるなど、事故原因の究明がなされようとしています。またスポーツ庁が、学校登山の実態を調査する方針を示すとともに、改めて高校の山岳部に冬山登山をしないよう通知を出したということです。

 私は高校、大学と山岳部にいました。高校時代はインターハイに出るようなレベルの高い高校ではありませんでしたが、当時から冬山登山は「登らない」方針であったと記憶しています。ですから春休みは残雪を求めて、京都の北山や鈴鹿へ行っていました。シリセードで滑ったり、わざと倒れ込んだり、雪合戦したりして、夏山以上に楽しかった思い出があります。

 大学では先輩に連れられて、岩登りや沢登り、冬山に行きました。年中登山をしていました。しんどいこともありましたが、登山を重ねることで、人間として成長しているように思うこともありました。

 今回の雪崩事故で亡くなられた生徒さんの遺族がインタビューに答えられていました。非常に胸が詰まりました。泣きそうになりました。こうした残される人たちのことを忘れて登山してはいけないと改めて思いました。

 よく友人から「子供さんは山に登らないのですか?」と聞かれます。自分の子供はバスケットボールでよかった。高校や大学で「山岳部に入る」と言ったら、どうしようかと心配でした。山の厳しさを少なからず私は経験しているからです。

 高校山岳部では顧問の方の経験はどのように検討されるのでしょうか。「20年のベテラン」と言われていますが、年数だけで「経験」を計ることはできないと思います。「顧問だから経験豊富」と本当に言えるのでしょうか。

 大学山岳部は山に登ってたかだか3〜4年目でリーダーになります。自分の実感も含めていうと、この年数で登山のリーダーになるのは難しいというか、ある意味で無謀とも思います。最近では大学のカリキュラムが忙しくなって山行日数も減ってきていると聞きます。山行日数の多さで経験不足をカバーしていく大学山岳部の伝統も崩れようとしているのです。

 日本人は冒険の精神がないと言われた時代もあります。冒険と安全は相反するものと思われがちですが、知識と綿密な計画のもとで行う冒険は、無謀なものではないと思っています。引き返す基準、タイミングを持っていれば良いのではと思います。

 今回の事故でどうしてもわからないのが「雪崩の知識は十分だったのだろうか」ということです。暖かい日が続いた後に雪が30~50センチ降ったら、雪が落ち着くまで行動できないと思わなかったのでしょうか。

 その他にもあります。森林限界上の雪面が危なさそうだと思わなかったのでしょうか。ラッセル訓練は下部の樹林帯だけで行うことはできなかったのでしょうか。合同訓練でリーダーシップは曖昧なものになっていなかったでしょうか。

 猛吹雪の中の訓練は本当に必要なのでしょうか。昔の軍隊意識がなかったのでしょうか。この歳になるとわかります。吹雪の時に出かける必要なんかないんだと。天候の良い時に行くほうが、確実に生存率が高まります。気持ちの良い思い出が残り、また山に行きたくなります。

 学校教育現場で、命をかけて登山する必要はないと思います。登山は一生涯かけてできるスポーツです。みんながみんなヒマラヤを目指す時代でもありません。学校では登山の楽しみ、自然科学への探究心、自らに打ち勝つ精神力と体力を養うで十分ではないか。末長く登山を楽しむ人材を学校現場で基礎づくりし育成することが大事なのではないか。

 ビーコンなどの装備の問題や特定の教師の責任を問うだけではなく、今回の事故は、学校教育現場における登山そのものが問われているのだと思います。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大台ヶ原のマイカー規制はどうなった? [クライミングを復活させたい]

大台ヶ原 駐車場

 大台ヶ原に行った時に、思いっきり勘違いをしていました。「大台ヶ原はマイカー規制をしていて、奈良交通のバスでしか山上駐車場には行けない」と。

 しかしバスに乗ってみると、山上からの車と何度もすれ違います。こんなことなら車で来ればよかったと後悔したのですが、「おかしいなあ」と思って、家に帰ってからマイカー規制について調べてみました。

 2009年3月に環境省が発表した「大台ヶ原自然再生推進計画(第2期)」をみてみます。確かにマイカー規制について検討されていたようですので、私の勘違いはその時のもののようですね。

 それによると大台ヶ原の観光客は1990年ごろまでは5〜15万人前後で推移していたものの、1991年から急増し、1995年に約32万人を記録。その後は減少し2008年にはピーク時のほぼ半分に当たる約15万人となっている。

大台ケ原の遊歩道

 大台ヶ原ドライブウェイは1961年に開通。1981年にはドライブウェイが無料となった。(元々有料だったとは知りませんでした)乗用車の数は1995年の3万2千台に比べ、2008年は半減し1万5千台となっている。利用者のピークはシャクナゲが咲く5月、夏休みの8月、紅葉の10月の3回で、最も多いのは10月。ピーク時には1日に数千〜1万人も来るそうだ。

 山上駐車場の収容数は200台。10月はひと月のうちに10〜20日が収容数を上回るそうだ。交通混雑につながるとされる100台以上の路肩駐車が発生するのは年々減少していて、2008年には7日間となっている。

 さて第1期計画で検討がされた「マイカー規制の実施 パーク&シャトルバスライド」は「大台ヶ原自然再生推進計画(第2期)」では明らかに後退というか、実質上断念されたといえそうです。

 大台ヶ原の利用者や交通事業者には理解を得られたものの、地域経済へのマイナス影響が予想され、地域住民の理解が得られる案を提示できなかった。また乗り換え駐車場も選定を行ったものの実現には至らなかったとのことです。

 現在の利用者数はわかりませんが、少なくともこの資料が作られた2009年の段階では利用者数は減少傾向にあったそうです。先日私が出くわした路肩駐車による交通混雑は、たまたま年間7日しかないピーク時のもので「そんな時に行くのが悪い」ということでしょうか。

 上高地はマイカー規制をするようになって、ブランド力が上がったそうです。大台ヶ原も散策路あり、麓に温泉ありと観光資源としてはとても良いように思うのですが、観光客が減少しているのはなぜなのでしょう?それも深刻だと思うのですが、この推進計画には何も触れられていないのですよね。

 環境保全と地域経済との折り合いというか、ウィンウィンというか、三方よしとはなかなかいかないものですね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大台ヶ原・蒸籠嵓ブッシュマンを登るクライマー [クライミングを復活させたい]

 大台ヶ原の大蛇嵓(だいじゃぐら)の順番待ちをしていた時に、正面に大きな岩が切り立っていました。蒸籠嵓(せいろぐら)というらしいのですが、そこにクライマーが張り付いていまして、観光客の注目を集めていました。

大台ヶ原の蒸籠嵓せいろぐら

 家に帰って調べたところ、全6ピッチ「ブッシュマン」というルートのようです。5.9が続き、ハング越えの部分が5.10cとグレーディングされています。下の写真でクライマーがわかりますか?

ブッシュマンを登るクライマー

 大台ヶ原には千石嵓(せんごくぐら)に「サマーコレクション」や「サンダーボルト」「リアルコンスタント」といったルートが拓かれたものの、西大台に位置するために事前の申請等が必要なうえ、登山道以外の立ち入りは禁止されていて、「岩壁への入山は実質上不可能」(日本マルチピッチフリークライミングルート図集より)となっています。「サマーコレクション」はハンドトラバースがいいらしいのですが残念です。

 関西では数少ないマルチピッチルートなのでトラブルことなく大事にしたいですね。登れたら気持ちいいだろうな〜


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

九州・日向神の岩場 本州にはない驚愕のスケール! [クライミングを復活させたい]

日向神の岩場

 大学山岳部時代の友人に福岡の日向神の岩場を案内してもらいました。

 ダム湖畔から見えた瞬間は息を呑みました…静かな山間に突然ドーン、ドーンという感じで岩山が屹立しているのです。

 それも道路から数分登るだけで取り付きに到着してしまいます。フリークライミングのエリアでは道路そのものが取り付きのところもありました。

 上の写真の正面岩には下部にフリークライミングのルートがたくさんできていますが、10ピッチにも及ぶマルチピッチのルートも複数あるそうです。その昔には鵬翔山岳会がこの岩場に目をつけて(!)ルートを作っています。

 「九州には大きい岩場があるから、わざわざ穂高の屏風とかにいく必要がないとよ(^。^)」との話通りでした。

 小雨が降ったり止んだりで、水が浸みているのでクライミングは中止となり、ホッとしたり残念だったり。星野村の温泉に入って帰路につきました。

 いやあ〜すごい。本州にはないスケールです。九州の奥深さを思い知らされました。案内してくれた友人に感謝です。

 岩場に詳しいサイトはコチラとのこと→K1ヒュッテ




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クライマー吉田和正さんの生き方 [クライミングを復活させたい]

 吉田和正さんが肺がんのため2016年9月26日に亡くなったとのこと。53歳でした。城ヶ崎の「マーズ」(5.13d)や北海道・見晴岩の「ハードラック・トゥ・ミー」(5.14a/b)の初登者としてあまりも有名です。

 私にはレベルが高すぎて雲の上の存在なのですが、その生き方は衝撃的で常に気になる存在でした。そのきっかけとなったのが「岩と雪164号」のインタビューです。これは山仲間の間で大きな話題となりました。

小日向 仕事、いや生計はどうやって。吉田 ひもだ、ひも。


 1994年にクライミング・バムがいることの驚き。ビレイヤーを時給1,000円でアルバイト募集したり、登るために肉体改造する必要性を発言したのは、吉田さんが初めてかもしれません。

 7年後の2001年「Rock&Snow 012 013」のインタビュー掲載時は、さすがに収入を得るために岩登りのスクールをし始めました。

 当時、雑誌「ロック&スノー」が迷走していたこともあり、吉田さんは「クライミングの雑誌なら、歴史や将来の可能性を提示するような見識と能力が必要なのに、ロック&スノーには全くない」と一刀両断しています。

小日向 俺もそうだけど、みんなもう大それたことに対してあんまり関心がなくなってきているんじゃないの。吉田 わかったよ。小日向 何て言ったらいいのかな‥吉田 だから、おまえはもう一般人になっちゃったんだろう。


 友達なくしそうですね(^ ^)
 上記2つのインタビューは小日向徹さんが行っていますが、吉田さんの尖った問題提議に、どちらがインタビューされているかわからなくなるくらいに小日向さんが話しています。

 吉田さんはまさに孤高の人という感じです。最近はどのようなクライミングをしていたのでしょうか。その辺も含めて、「Rock&Snow」はどのように追悼するのでしょうか。編集部は今また試されるんだろうなと思います。

 吉田さん亡き後、日本のクライミングの限界を押し上げるのは誰が担っていくのでしょうか。インタビューを読んでいて大きな喪失感に襲われました。

 ご冥福をお祈りします。

<追記>
昔の幼友達さんがコメントしてくれました。
「岩と雪164号」が「岩と雪ベストセレクション1958-1995」に収録され発売されています。

  
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

30年前の日本はスポーツ・クライミング後進国でした [クライミングを復活させたい]

 東京五輪にスポーツクライミングが採用されることが正式に決まりました。採用までご苦労された方に、心からおめでとうと言いたいと思います。また選手の皆さんには、4年後に照準を定めてしっかりと調整していただきたいと思います。

 世間的には野球・ソフトボールの復活が新聞の一面を飾っていますが、「今どき、野球なのかなあ?」とちょっと不思議に思っていました。

 しかしクライミングが五輪競技になるなんて、30年前は考えもしなかったですよ。

岩と雪 125号

 山岳雑誌の「岩と雪」のバックナンバーを見てみますと、1987/Dec号ではイタリアのアルコで開かれた「ロック・マスター’87国際クライミング競技会」がカラーグラビアで掲載されています。当時は自然の岩場で競技が行われていましたし、ルールも開催地によってまちまちでした。

 トピックスの記事で「世界のトップ・クライマーを一堂に集め、さながらクライミングのオリンピックといった感がある」とあるように、実力・知名度ともに抜群の参加者です。

 西ドイツ(!)からシュテファン・グロバッツ、フランスからマルク・ル・メネストレル、イギリスからベン・ムーンにジェリー・モファット、オーストリアはゲルハルト・ヘールハーガーとハインツ・マリアッハー、アメリカからはトッド・スキナーとアラン・ワッツ。日本からは橋本覚さんが参加しました。女子の部もリン・ヒルにイザベル・パティシェ。

 いやースゴイ顔ぶれですね〜。で、やっぱり優勝したのはグロバッツでした。グロバッツはこの頃が一番、花があった時代でしょうね。その後のアルパインでの活躍もスゴイのですが。

 トピックスで文を担当した山崎順一さんは男子26位の最下位に終わった橋本覚さんについて以下のように感想を寄せています。

さて日本から初参加の橋本は、環境の違いにもかかわらず懸命なトライをしたが、彼個人というより、日本のレベルそのものがヨーロッパに比べかなり後れを取っており、どうしようもなかった。ヨーロッパの場合、コンペとクライマーの能力向上が非常にうまく結びついており、たかがコンペといいきれないものを感じた大会だった


 少しかわいそうな結果に終わった橋本さんですが、当時日本を代表するクライマーに間違いありません。

 あ〜、そのことを思えば、今のスポーツクライマーの世界では、日本は野口啓代さんはボルダリングのトップクライマーですし、リードでは安間佐千さん。若手では野中生萌さんとか藤井快さんとか白石阿島さんとか、世界を相手にする強者がうじゃうじゃいます!

 この30年間で日本のクラミングのレベルの上がり方はすごかったのですね。

 東京五輪が楽しみです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ナンガ・パルバット冬季初登頂される [クライミングを復活させたい]

 パキスタンのカラコルム山脈にあるナンガ・パルバット(8,125m:標高第9位)が冬季初登頂されました!記録をまとめてみます。

 ナンガ・パルバットといえばドイツが初登頂に執念を燃やし、何人もの犠牲者を出した「魔の山」として有名です。初登頂は1953年のドイツ・オーストリア隊であのヘルマン・ブールが東稜から単独初登頂しています。(ブールの著書「8,000mの上と下」を読むと超人ぶりがよくわかります)

 さてアメリカのクライミング雑誌「Alpinist」の記事によりますと、今シーズンの登山隊は6隊で、うち2隊はルパール壁、4隊はディアミール壁でした。そしてディミール側で登山していた2隊が合同となって2月26日に頂上を陥れたそうです。

 登頂者はイタリアのシモーネ・モーロ(伊)、パキスタンのアリ・サドパラ、スペインのアレハンドロ・チコンの3人です。

 シモーネ・モーロは4回のエベレスト登頂を含む12回目の8,000m峰登頂です。シモーネといえばいろんな記録を打ち立てている人です。冬季のナンガ・パルバットは2012年と2014年に続き3度目の挑戦でした。
 アレハンドロ・チコンは8,000m峰11座13回目、アリ・サドパラはスカルド出身の高所ポーターで8,000m登頂は6回目で今回も含めて3回がナンガとのこと。

 ナンガ・パルバットは私自身の山の対象としてはもちろん考えたことありませんが、和田城志さんにまつわる山として大きな存在感を抱いています。

 これで8,000m峰で冬季未踏なのはK2のみとなりました。アルピニズムは進化していることを実感する記録でした。

ROCK&SNOW 071(2016春号)に池田常道氏の記事の中に8,000m峰冬季初登頂年表を記載していました。以下引用です。

8,000m峰冬季初登頂年表
1980年2月 エベレスト8848m(レシェック・チヒ、クシストフ・ヴィエリツキ)
1984年1月 マナスル8163m(マチェイ・ベルベカ、リシャルド・ガイェフスキ
1985年1月 ダウラギリⅠ峰8167m(アンジェイ・チョク、イェジ・ククチカ)
1985年2月 チョ・オユー8188m(マチェイ・ベルベカ、マチェイ・パフリコフスキ)
1986年1月 カンチェンジュンガ8586m(イェジ・ククチカ、クシストフ・ヴィエリツキ)
1987年2月 アンナプルナⅠ峰8098m(イェジ・ククチカ、アルトゥール・ハイゼル)
1988年12月 ローツェ8516m(クシストフ・ヴィエリツキ)
2005年1月 シシャパンマ8027m(シモーネ・モーロ、ピョトル・モラフスキ)
2009年2月 マカルー8485m(シモーネ・モーロ、デニス・ウルブコ)
2011年2月 ガッシャブルムⅡ峰8034m(シモーネ・モーロ、デニス・ウルブコ、コートニー・リチャーズ)
2012年3月 ガッシャブルムⅠ峰8080m(アダム・ビエレツキ、ヤヌシュ・ゴワブ)
2013年3月 ブロード・ピーク8051m(アダム・ビエレツキ、アルトゥール・マウェク、マチェイ・ベルベカ、トマシュ・コヴァルスキ)
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - クライミングを復活させたい ブログトップ
メッセージを送る