So-net無料ブログ作成
検索選択
大学山岳部のブログから ブログトップ
前の10件 | -

「山から学ぶこと」京都府立大山岳部70周年シンポに参加して [大学山岳部のブログから]

 京都府立大学が今年創部70周年を迎えたのを記念して、6月10日にシンポジウムが学内で開かれました。シンポジウムの内容は「山から学ぶこと」です。行ってみると京府大ゆかりの講演者がずらりと並びました。

 まずは山岳会会長の挨拶。昔話のあとは、10年前の鳴沢岳の遭難で随分現役の部活動が変わったとのこと。とにかく安全が第一だと強調されていました。

 基調講演は京大出身で府大山岳部の顧問を務める牛田一成教授です。ヒトの腸内細胞がどのように進化したのかを調べているとのこと。難しい話のはずですが、京大・今西錦司氏から始まるフィールドワークの系譜を組んでいるのが感じられ興味深かったです。また技術の発達によってDNAの保存が容易となって飛躍的に研究が進んだということです。今はニホンライチョウの域外保全について研究しているとのこと。

 次は東ネパールの未踏峰ナンガマリⅡ峰登頂の竹中雅幸さん。重広恒夫さんが隊長。奈良県のある村で仕事をしているそうで、村の旗を苦労して写真に撮ったとのこと。竹中さんは出発までの難しさから、マネジメントの大事さを学んだということです。山岳部でも伝統と継続をどのようにするか、マネジメントは大事なのでは?と。

 楽しみにしていた高田直樹さん。「登山と神話」について「岩と雪」に1974年に六回連載(「岩と雪ベスト・セレクション」に一編収録)。ホイジンガー、ホモルーデンスは「遊び」を学問した。カイヨワは一番楽しい遊びは「眩暈」だと唱えた。めくるめく眩暈として山登りがあるのでは?(面白い話だなあ)
 東大谷G1積雪期初登をした。「岩と雪」四号。屏風岩1ルンゼ冬季初冬。落石の間隔が三分から五分であることがわかり、それで初登できた。八つ峰六峰Bフェース府大ルート。
 京都登攀倶楽部で雇われ隊長となる。それはラトック2峰だった。1979年ラトック1峰は英国のクリス・ボニントンがキャンセルして許可がおりた。岩登り技術応用編の映画、中日映画社で一緒に出演して顔なじみだった重広恒夫さんを口説いて隊員に引き込んだこと。(モニターに示されたラトック1峰のラインはめちゃくちゃ攻撃的でした)
 山をどう登るのか。どう生きるのか。イズムは消えた。自由・平等・博愛は看板だとわかった。遊びは百人百葉でいいのではないか。(話の拡がり具合や、どこまで本当なのかわからない話(すみません)に「なんで山登るねん」同様、引き込まれました(^ ^))
 
 その後もOBさんたちのアコンガグア登頂や、スポーツクライミングの全日本チーム公式トレーナーの話、県職員として南アルプスのシカ食害から高山植物を守る活動など、話は幅広く「山から学んだこと」が話されていきました。

 現場に行かないとわからないことがあること。主体的に取り組んでこそ面白いこと。たった一度の人生をどう生きるのかに関わること。諦めないこと。仲間を大事にすること。謙虚さを学んだこと。山が登れることはメリットであること。筑波大学にできた山岳修士を学ぶのもいいのではないかということ。

 京都府大のみんなは「自由」ですね。OBとなった今も何か山と関わりをもっているのがうらやましいと思いました。とても刺激になりました。

 植物保全をしている方が、山に登れることはすごいことだと言っていました。山というフィールドを舞台に手伝えることがあれば自分もやってみたいと思いました。


『岩と雪』 Best Selection

『岩と雪』 Best Selection

  • 作者: 池田 常道
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 積雪期(2016冬〜2017春) [大学山岳部のブログから]

 勝手に大学山岳部を個人的に応援する「大学山岳部のブログから」です。すっかり夏だというのに積雪期のまとめです。

法政大学
冬山に選んだのは越後駒ヶ岳。年末だったので、雪が少なく工程も短く終了したそうです。インスタントカメラの写真がいい味出していました。
春山合宿は南アルプス・地蔵尾根〜甲斐駒ケ岳〜戸台を3/1-3/10にかけて。鋸岳は天候が悪く行けなかったようですが戸台まで足を伸ばしたのは偉いなあと思います。

京都大学
奥美濃の経ケ岳や三周ヶ岳、大長山などに挑戦。渋すぎます。日程が長く取れなかったからかもしれませんが、特徴のある嗜好性の強い登山は「伝統」を感じさせます。

龍谷大学は末端から槍ヶ岳・中崎尾根。学生の時に私も末端から行きました(^ ^)。
ベースからビバーグ用具を持ってアタック。時間切れと天候悪化で冬季小屋で過ごしています。寒かったでしょうね。悪天の間のわずかな時間をついてアタックに成功していました。

明治大学
どうやら爺ヶ岳南稜(12/23-12/30)に行ったようです。春山は多分、常念岳(3/9-16)と思います。いずれも比較的少ない日程で行くコースですが、いろんな練習も含めながら、長期の日程を組んでいるのは明治ならではですね。

神奈川大学がロシア・エルブールスの登山。渋いです。登頂成功です。学生山岳部がロシアの山を登るのはあんまり記憶にありません。手続きなども含めてもう少し詳しく知りたいです。

日本大学
剱岳早月尾根(12/24-1/1)実働4日、停滞5日と「冬の劔岳」らしい行程でした。困難を克服して成長する様が見て取れて、とても好感が持てました。他大学山岳部OBとの出会いも楽しさが伝わってくるようです。

戸台〜仙丈〜三峰〜赤石〜光〜大無間〜田代(3/2-3/21)移動一日、実働16日、停滞3日
4人パーティーです。特に危なかっしいところもなく、安定したペースで最後の目的地、田代まで完登しています。1年生2人がよくついていったと思います。

五月連休の奥穂高岳南稜の目的に「遠征に向けた登攀技術・ロープワークの向上」と書いています。近々海外登山の計画があるのですかね。

▼同志社大学は僧ヶ岳へ冬と春に行きました。一文が印象的でした。
僧ヶ岳は渋い山ではあるが、剱岳へと向かう稜線のスタートという特徴を持った山である。それゆえ南を向けば山々の白一色、北を向けば海の青一色の景色を見ることが出来る山だ。今回の合宿では、駒ヶ岳まで足を延ばすことが出来たので、この長大な稜線のスタートを切った気分でいる。

黒部横断の記録もありました。五竜からS字峡、ガンドウ尾根をへて劔、馬場島に下山です。五月連休の記録ですが、さらっと書いているのがすごいと思います。

同志社は極西ネパールのラマ峰に挑戦するそうです。あまりにも人が入らない地域で、山の写真もほとんどないため、ネパール政府に山の存在から証明しなければならなかったそうです。5月の偵察山行を経て、8月中旬に出発するとのこと。現地の政府も把握していない山なんてあるんだ!まだまだ地球上にはわからないことがあるんですね。ワクワクします。

▼最後に青山学院大学 テムレスの防寒手袋 以前から気になっていあのですが、青学さんも使ってみた感想として評価しています。1200円ですもんね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2016無積雪期 [大学山岳部のブログから]

 勝手に大学山岳部の活動を応援する「大学山岳部のブログから」です。今回は2016年度の無積雪期をお送りします。

▼活動の多彩さで目を引く同志社大学
 フリークライミングは小川山や名張、さらにはヨセミテまで活動範囲を広げています。かと思えば、北アルプス縦断12泊13日という重厚な登山もやっています。ヨセミテも縦走も若者の成長に立ち会えたような気がして、読んでいるこちらまで嬉しくなってしまいます。
 しっかりしたリーダーシップをとっていないとここまでバランスのいい活動はできないだろうと想像するのですが部員紹介を見ていると4回生が元気いっぱいな感じですね。

▼今年の劔は雪が少なかった!
 年々、劔で合宿を行う大学が少なくなっているようなのですが、早稲田大学は真砂沢に定着したようです。しかしそのブログを見ていてびっくりしたのが、雪渓の少なさです。雪が少なかった年であることを考慮しても特に3枚目の写真は異常な光景ですね。遠くに真砂沢ロッジが見えるのですが、私が学生の時、谷間は滝が顔を出している以外は雪渓で埋もれていたものですが…
 日本大学の記録には、雪渓が切れて八ツ峰6峰Cフェースに取り付けなかったとの記述もありました。

▼早稲田にヨセミテ帰りの4回生
 7月まで米・オレゴンで留学していた4年生がEl Capitanノーズの登攀というお土産を持って帰ってきました。物怖じしない堂々としたものです。彼はその後も瑞牆や滝谷など行ってます。部への影響が大きそうですね。

▼沢も岩も縦走も 首都大学東京
 滝谷といえば首都大学東京もドーム中央稜とクラック尾根に行きました。私たちの世代にとっては東京都立大学で馴染みのある首都大学東京は、沢も縦走も男性も女性もいて楽しそうで多様な登山をしているようですね。

▼長大な縦走が目立ちました
 先ほどご紹介した同志社大学の北アルプス縦断12泊13日(上高地〜北穂高〜槍ヶ岳〜白馬〜日本海)。首都大学東京の南アルプス9泊10日(夜叉神峠〜甲斐駒ヶ岳〜北岳〜光岳〜畑薙ダム)。日本大学の南アルプスは台風に3回も影響を受けながらも14泊15日(夜叉神峠〜甲斐駒ヶ岳〜北岳〜光岳〜大無間山〜田代)。もちろん明治大学も9泊10日で南アルプス縦走(広河原〜北岳〜荒川岳〜畑薙ダム)しています。

 先日、立山で東京工業大学のワンダーフォーゲル部が雪崩で遭難しました。山岳部のみなさんもくれぐれも事故のないよう気を引き締めて冬のシーズンを迎えてください。クラブが順調な時ほど要注意だと思います。

過去の「大学山岳部のブログから」はこちら
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2015-16積雪期 [大学山岳部のブログから]

 勝手に大学山岳部を応援する「大学山岳部のブログから2015〜2016積雪期」の記録です。

 全然知らなかったのですが、北海道大学がカムチャッカに遠征していました。3/24〜5/15まで、カムチャッカ半島のスレディニー山脈北部において外国人として初めての縦走だそうです。陸路総移動距離1,250kmもある大遠征です。これが現役中心で行われたことに北大の実力をうかがい知ることができますね。写真を見るだけでも人跡未踏感満載です。

 北の山といえば、利尻岳の東北稜に北大のほか、同志社大学も挑戦していました。いずれも天候が悪く成功しなかったようですが、積雪期に利尻に向かうだけでもスゴイと思います。

 本州の山では、今年は寡雪だったため、雪が豊富な記録は北アルプスが中心となりました。九州大学は年末に剱岳の早月尾根へ明治大学は1月末から鹿島の東尾根へ。同志社は年末の中央アルプス縦走、3月の鹿島槍冷尾根も3日間ですが充実ぶりが伺えます。

 残雪期になると専修大学は立山駅から登るのが珍しい早乙女岳〜奥大日を登っています。文登研の前進基地は噂に聞いたことがあるのですが、こういうところにあるのですね。

 最近の大学山岳部は、非常に研究熱心で、関西では雪崩講習会が開かれたり、どの大学もビーコンによる掘り出し訓練を行っています。やらなければならないことをサラリとやっている感じがします。「命を賭けて」という悲壮感がないのがいいですね。

 しかし遭難もありました。確か2015年の年末に北ア・スバリ岳で1人死亡、1人救助の事故があったはずです。雪の塊にテントが直撃を受けたとの一報以上の情報はありません。どうかクラブの再建を図ってほしいと思います。

 また、他の大学の方々もくれぐれも気をつけて登山を楽しんでいただきたいと思います。

nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2015春〜秋 海外登山が多かった [大学山岳部のブログから]

 大学山岳部を勝手に応援している「大学山岳部のブログから」です。今回目立ったのはフィールドを海外に求めた山岳部が多かったことですね。

同志社大学はネパールのアイチェン峰(6,055m)
 西ネパールのフムラ群チャンワタン山域にある未踏峰アイチェン峰を落としました。9月3日と8日の2回のアタックで日本人隊員5人全員が登頂することができました。登山活動後は地震で被害を受けた地元の方々と交流、支援したようです。
 同志社大は過去には中国登山(のイメージが強い)などで活躍した歴史ある山岳部ですが、最近はネパールの未踏峰に関心があるようです。2010年北西ネパールのチャンラ峰以来5年ぶりです。海外、国内、アルパイン、フリーとジャンルを問わない登山を続けて欲しいと思います。ブログに簡易報告書もアップされています。

神戸大学は中国のタリ峰(6,330m)
 神戸大学は継続して交流している中国の大学と合同で、ラサ北方から東に広範囲に展開する念青唐古拉西山群(ニェンチェンタンラ)のバダリ峰(6,516m)を目指しました。荷揚げ等でヤクが暴れるなどトラブルがあったようで、結局のところバダリ峰を断念。南西稜のピーク、タリ峰に登頂したもの。南西稜は稜線上にラインを引こうとしたものの、困難だったようです。それにしても創部百周年できっちり海外登山を実現させる組織力はすごいと思います。
 チベット内で唯一登山活動を許可された登山隊だったということです。神戸大は元々カンリガルポ山群を考えていたようですが、対象を変えざるを得なかったようです。やっぱり中国国内の政治情勢によって左右されるんですね。

日本山岳会学生部はネパール東部のザニェ2峰(6,318m)

 日本山岳会110周年行事としての登山です。青山学院大、明治大、電気通信大、東京工芸大、専修大、立正大の合同チームです。チーム作りにどのような過程があったのか知りたいですね。

■学習院大山岳部が遭難報告書を
 今年2月に八ヶ岳の阿弥陀岳で部員2人が遭難死しましたが、その事故報告書が9月に出されました。報告書を見ましたが、計画立案時、山行中、内在する各問題点を現役部員が中心となってまとめたようです。報告書内で指摘された問題点は、いつ我が身に降りかかってもおかしくないものだと思います。

 学習院大の報告書ではOBOGとの関係なんかも考えさせられます。OBは現役とどのように向き合うべきなのか…OBから見ると現役の活動はつい貧弱に見えて否定しがちです。「時代も違うのだから」とも考えるのですが、この報告書を読むと、安全への意識の向け方については遠慮していてはだめで、積極的に現役と話し合わなければなあと思います。それが残された者のやることだと思うのです。
 
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから2014〜2015積雪期 [大学山岳部のブログから]

 勝手に大学山岳部を応援する「大学山岳部のブログから」です。積雪期の記録を探してみました。最近は冬季といえどもクライミングに精を出していて(その記録もすごいのですが)、雪山の記録は少なくなりつつあります。爺ヶ岳東尾根に専修大学、同志社大学、法政大学が集中するなど行く対象も限定されています。

 その中で一番「渋いな」と感じたのが京都府立大学です。冬合宿に選んだのが「海谷山塊」。昼闇山に登頂できなかったのですが、海谷を選ぶなんてなんと京都府大らしいのでしょう。

 バラエティに富んだ活動をしているなと感じるのが同志社大学です。ここはクライミングが盛んなうえ、積雪登山もきっちりやっているのが印象的です。
中央アルプス縦走、爺ヶ岳東尾根に加え、八ヶ岳合宿として複数のバリエーション・ルートに挑戦しています。
他大学は「阿弥陀北稜」せいぜい「赤岳主稜」ですが、「石尊稜」「中山尾根」はこのところ見たことがありません。個人的には気になっていた鬼が牙のクライミング情報が参考になりました。

 日本大学の正月の劔・早月尾根もリーダーの判断の難しさが垣間見れた記録でした。メンバーが凍傷になったりするなどアクシデントもありました。それにしても冬劔は厳しそうですね。

 早稲田大学はネパール合宿と称してアイランドピーク(6,189m)に登頂しました。シェルパやポーターと行動をともにし、ルート工作は全体の5分の2で残置ロープを使ったことに一抹の後悔ものぞかせていますが、海外の山という目標を部全体の目標としているのは立派だと思います。VTRもみましたが、ネパールを襲った地震が念頭にあるのか地元の人たちの暮らしぶりが数多く盛り込まれています。

 明治大学は剣岳北方の毛勝でしょうか?凍傷者を出しながらのいつもながら長期の山行(12/21~1/5)で部の伝統を感じさせますし、北海道大学も素晴らしい北海道の雪山の活動をしています。しかしながら私は北海道の山に詳しくないのが残念です。

 今年は冬山の訓練として富士山(と立山)の記録が多かったように思います。特に記述はなかったのですが、もしかしたら御岳が噴火したため11月の積雪を求めて富士山に集中したのかなと想像してしまいました。

 京都大学は「活動再開にあたって」との文を寄せています。去年の夏に北アルプスで遭難事故が起きて活動を自粛していました。事故があった後の部の再建は大変だと思いますが、頑張ってください。京大らしい記録を楽しみにしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2014無積雪期 [大学山岳部のブログから]

 大学山岳部を勝手に応援する「大学山岳部のブログから」です。今年はついに「剣岳で合宿した」という記述がほとんど目につきませんでした。剣に行っても数日のみ。そういう時代なんですね〜

◆神戸大と同志社大で海外登山の計画が着々

 神戸大学の海外登山は中国登山協会との太いパイプがあるのでしょうね。「海外未踏峰への挑戦」は昨今の大学山岳部の中でかなり異色な活動ではないでしょうか?偵察山行のため、富士山で高所トレーニングに励む夏となったようです。

 同志社大は2015年、西ネパールに海外登山するようです。専用のブログも立ち上がりましたので、これからの活動ぶりに期待したいと思います。

◆活動の多彩さに目を見張る同志社大

 海外登山もそうなのですが、同志社大の活動がノリにノっているなあと思います。大峰へ沢登りをしに行ったり、涸沢ベースで穂高登攀合宿として「北穂東稜」「前穂北尾根」「滝谷ドーム中央稜」「屏風雲稜ルート」、南アルプス縦走(黒戸尾根〜甲斐駒〜北岳)。アイゼントレーニングも回数を重ねているようですので、冬もやる気満々なんだと思います。

◆明治は南ア全縦、冬の毛勝にらみ偵察へ

 重厚な登山を続ける明治大は9/1〜12で北岳から南ア深南部の池口岳まで。上級隊は白根御池から一度広河原に降りて池山吊尾根〜北岳〜白根御池という「明治スピリット」を見せつけています(^ ^)

◆北海道大と京都府大の知床半島がうらやましい

 「知床半島」を今年も北海道大のパーティーがやってくれました。縦走にこだわっているのではなく、沢をつないで行く方式のようです。京都府大も海岸経由で岬まで行ったようです。知床に行くのは学生の時だけですよね〜。うらやましいです。

 関西と九州の大学で事故の報告もありました。事故があった後のクラブ運営は大変だと思います。大学側やOBとともに様々な議論がクラブ内で噴出しているかもしれません。また昨今の「コンプライアンス」意識の風潮が影響するかもしれません。ぜひ前向きな議論をして活動再開の報告を待ちたいと思います。

◆関連エントリ
大学山岳部のブログから 2013-14積雪期
大学山岳部のブログから 2012-2013積雪期
ベースキャンプは剱沢?大学山岳部のブログから2012年度春~秋
大学山岳部のブログから2011年度冬~春
大学山岳部のブログから 2011春~秋
大学山岳部のブログから(2010年度雪山シーズン)
2010夏の大学山岳部のブログから
ネムジュン西壁の信州大 大学山岳部の海外登山2
大学山岳部の海外登山
大学山岳部久しぶりの明るい話題 関西学院大学山岳部ヒマラヤ初登頂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2013~2014積雪期 [大学山岳部のブログから]

 大学山岳部を勝手に応援しています。2013~2014年の積雪期で注目の記事は次の通りです。

慶応大学山岳部が四川省横断山脈でクライミング
 四川省の横断山脈といえば、ミニヤコンガなんかも含まれる山域です(のはず)。その双橋溝というところで、クライミングをしているのです。もう少し調べてみたらポタラ峰が近いようです。前回の「大学山岳部~」で触れたハオバンガー(4,750m)初登とはこのことのようです。どの程度のクライミングだったのでしょうか?もう少し詳しく知りたいところです。

青山学院大学山岳部のアウトライアー峰の動画
 最近は動画を撮影して、編集してしまうのですね。ちょっと音楽が大仰なような気もしますが(^^ゞ、立派なVTRができました。頂上で泣き崩れるシーンは、ジーンとしてしまいます。きっとこの人が中心になって進めてきたのではないかなあと想像します。

京都府立大学山岳部が西表島で沢登り
 活発な活動をしている京府大ですが、西表島で沢登りをしてきたようです。ユチン川を沢登りするのですが、亜熱帯のジャングルの中の沢登りは興味深いと思います。

神戸大学山岳部が創部100年に中国・KG-17へ
 2015年に中国の大学と合同登山をするようです。以前も初登頂をものにしたカンリガルポ山群での登山になるようです。中国の山が開放され始めた当初、京都大学や同志社大学の活躍が目立ちましたが、今でもかかわり続けているのは神戸大学だけとなったのではないでしょうか?伝統の重みを感じずにはいられません。

日本山岳会の会報に「大学山岳部のいま」
 こちらも神戸大学のブログからですが、日本山岳会の会報に「大学山岳部のいま」という一文が寄せられたそうです。この中で同感だったのが、最近の学生は忙しいということです。講義に出席しないと単位がもらえないという話も聞きます。OBが「俺らの時代はなあ…」などと言う環境ではないのです。現役が自ら登り方を考えればいいと思います。
 そういう意味では、今年1月に関西の大学が合同で登山をしているのは、非常に感心しました。神戸大の氷ノ山の小屋をベースに、ガイドの角谷道弘さん、奥田仁一さんからいろんなことを教えてもらっています。
 最近の学生はみなマジメだなあと思います。もうひとつ気付いた点は、みな楽しそうですね(^-^)
しかし積雪期の記録で「これは」と、思うものが少ないのはやっぱり寂しいです。

◆関連エントリ
大学山岳部のブログから2013春~秋
大学山岳部のブログから 2012-2013積雪期
ベースキャンプは剱沢?大学山岳部のブログから2012年度春~秋
大学山岳部のブログから2011年度冬~春
大学山岳部のブログから 2011春~秋
大学山岳部のブログから(2010年度雪山シーズン)
2010夏の大学山岳部のブログから
ネムジュン西壁の信州大 大学山岳部の海外登山2
大学山岳部の海外登山
大学山岳部久しぶりの明るい話題 関西学院大学山岳部ヒマラヤ初登頂
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2013春~秋 [大学山岳部のブログから]

 大学山岳部ならではの「うらやましい」記録を取り上げ、個人的に勝手に応援する「大学山岳部のブログから」。2010年から定期的に取り上げていますので、もう3年続けているのですね(^^ゞ

縦走も渋い京都府立大学 深南部から南アルプス縦走
 いつも活発な京府大の報告で、今回は深南部の前黒法師岳から北岳までの縦走に挑戦しました。全部で10泊11日。深南部は写真だけ見ているときれいなんですが、背丈以上の藪や倒木、それに虫に想像以上に苦しんだようです。「あまりの過酷さに二度とここには来るまい」とは言うものの、「うらやましい」限りです。

なんと日本アルプス縦走!同志社大学
 最近の同志社大と言えば、クライミングの記録が中心というイメージがあったのですが、前回ご紹介したように知床を積雪期に縦走するなど重厚な登山もしています。今回は北アルプス、中央アルプス、南アルプスを3回に分けて踏破しています。合計26日。この記録でとくにすごいなと思ったのは、北アルプスの出発点を親不知にしている点です。これは渋い!記録からははっきりしないのですが、単独行っぽい。
 朝食は「カップラーメンリフィル」にしたとのこと。記録では「1食100円でマルタイの2倍になるが、飯を食う意欲が違う。もうマルタイには戻れない」とあります。これは一度試してみなければ…
 同志社は剱のチンネ左稜線に行ったり、御在所岳のカリフォルニア・ドリーミングに行ったり、内容が非常に充実しているように感じました。

 上記の京府大の記録と合わせて考えると、「親不知から北ア、中ア、南アを経て黒法師」が日本アルプス全縦になるのだろうか?夢は膨らむばかりですね(^^ゞ

慶応大の中国四川省の岩塔?初登が気になる
 ずっとマルチピッチクライミングのトレーニングを積んでいた慶応大ですが、四川省横断山脈の好棒啊(ハオバンガー、4,750m)に初登したようです。
 トップ・ページに登頂時らしき写真が載っているのですが、詳細がわかりません。周りの景色は岩が累々としていることから、記録に期待したいところですね。

◆関連エントリ
大学山岳部のブログから 2012-2013積雪期
ベースキャンプは剱沢?大学山岳部のブログから2012年度春~秋
大学山岳部のブログから2011年度冬~春
大学山岳部のブログから 2011春~秋
大学山岳部のブログから(2010年度雪山シーズン)
2010夏の大学山岳部のブログから
ネムジュン西壁の信州大 大学山岳部の海外登山2
大学山岳部の海外登山
大学山岳部久しぶりの明るい話題 関西学院大学山岳部ヒマラヤ初登頂
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

大学山岳部のブログから 2012-2013積雪期 [大学山岳部のブログから]

 大学山岳部の山行で個人的にうらやましい記録を勝手に紹介します。

▼積雪期の「知床」に北海道大と同志社大が
 ほとんど同時期に北大と同志社が「知床」に入りました。北大は知円別小中学校から入山、知円別岳~硫黄山~知床岳~知床岬を2/27-3/10で踏破しています。「5停滞の後の逆転サヨナラのっこしホームラン」の言葉通り、精神的にタフでなければ5停滞はできないでしょう。苦労の多い山行だと思うのですが、冷静な筆致で書かれています。
 同志社大は「ウトロ温泉バスセンター」から2/27に入山です。羅臼岳はカットしたものの、知円別岳、東岳を踏破。雪洞を掘ったが、夜のうちに風向きが変わって2メートルほど風で削り取られ、夜中に雪洞を作り直したとのこと。すごい!風で2メートルも削られるとは…
 実は同志社大のブログはこの時点で「続く…」となっているのですが、北大のブログでは知床岬以降に同志社大と遭遇していますから、なんとか無事だったようです。ぜひとも続編を読みたいものです。

▼海外登山で日本大学のメラ・ピーク、慶応の横断山脈登攀プロジェクトとは?
 日本大学がネパールのトレッキング峰「メラ・ピーク」に行ったものの、予想以上に積雪が多かったことと、ポーターの体調不良でアタック計画を断念せざるをえなかったようです。難しい判断だったと思います。仕方ないですね。
 慶応大学が今年8月に「四川省横断山脈登攀プロジェクト」と銘打って、海外登山をするようです。練習として瑞牆山で「ベルジェエール」などのクラック・ルートを登っています。どんな登攀プロジェクトなんでしょう?すごく楽しみですね。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 大学山岳部のブログから ブログトップ
メッセージを送る