So-net無料ブログ作成
検索選択
山の本、TVなどメディア関係 ブログトップ
前の10件 | -

岩と雪ベストセレクション1958-1995 この企画の実現に拍手したい [山の本、TVなどメディア関係]


『岩と雪』 Best Selection

『岩と雪』 Best Selection

  • 作者: 池田 常道
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本



 出版が去年発表されて以来、どんなものになるか興味津々でした。

 山と渓谷社が出版していた「岩と雪」は1958年に創刊。1995年の169巻を最後に休刊しました。本格的山岳雑誌を標榜しているだけあって海外の記録が豊富で、日本のクライミングシーンに与えた影響は大きかったと思います。なんといっても創刊の1958年は8,000m峰のうちガッシャーブルムI峰とダウラギリ、シシャパンマが未踏峰で、日本ではRCCIIが立ち上がった年でした。

 内容は池田常道さんが選んだ41編が収録されました。原本を複写したもので、多少読みづらいところもありますが、当時の熱気がそのまま伝わってくるかのようです。

 最初の頃は編集の方針もあって、評論が多いですね。本多勝一さんの「パイオニア・ワークとは何か」は京都大学探検部時代の学生だった頃の評論です。早熟ですよね、当時の学生は。

 上田哲農さんの文章は今の時代でも色褪せないクライマーへの深い洞察を感じさせます。柏瀬祐之さんの「アルピニズムは帰って来た」は何事にもとらわれない登山の創造性を説いていて私もかなり影響を受けました。

 また戸田直樹さんの文が多いです。ジョン・バーカーが表紙となった72号が決定的だったのでしょう。ヨセミテのフリー・クライミングを紹介、実践する記事がいかにその後の日本の登攀を変えたのか象徴するようです。

 リアルタイムで岩と雪を買って覚えているのは山野井泰史さんの「ビッグウォールが待っている」です。コズミック・デブリ(5.13a)のビレイヤーは平山裕示さんというビッグでフレッシュなペアでした。先日亡くなった吉田和正さんのインタビュー(164号)も収録されています。北山真さんの追悼コラムは短いですが、鳥肌が立ちました。

 あとがきのページで書いていましたが、日本の登攀は70〜80年代に大きな変革が起こり、それぞれに分野でおだやかな発展が続いている、というのは当たっているなあと思います。

 とても一度には読みきれません。いずれにしてもこの企画を実現させた山と渓谷社には敬意を払いたいと思います。素晴らしいです。現代のクライマーが過去の登山家たちから学んだり感じるところもあるでしょう。またそうあってほしいと思います。

 ちょっとずつ読んでいきたいと思っています。しかし、どれだけ売れるのだろうか…

【以下、目次より】
編集室(川崎隆章)
ヒマラヤ登山の動向と将来(山崎安治)
パイオニア・ワークとは何か(本多勝一)
スーパーアルピニズム試論(吉田二郎)
日本のアルピニズムの行方(上田晢農)
コラム1 行き詰まりを予感した時代
ヨーロッパアルプスの冬季登攀(小西政継)
パイオニア・ワーク雑感(江上康)
コラム2 日本人の海外登山
アルピニズム未来論(二宮洋太郎)
ヒマラヤ鉄の時代によせてーRCCII十年の回想(奥山章)
新たな困難を求めて(松本龍雄)
座談会 海外登山・現状と問題点(中島寛、原真、安間荘)
高さと困難が登山の目的なのか(岩崎元郎)
日本の岩登りは限界を迎えたのか(斎藤一男)
国内登攀における今後の課題(古川純一)
登攀における主体性の確率(青木寿)
山ー桃水と失墜(遠藤甲太)
アルピニズムは帰って来た(柏瀬祐之)
登山と「神話」(高田直樹)
誰も書かなかったヨセミテ(吉野正寿、林泰英)
コラム3 ヨセミテの風1 ビッグウォールへのあこがれ
100メートルの壁と1000メートルの壁(坂下直枝)
奥鐘山西壁フリー化の試みーその遊戯と論理(山本譲)
コラム4 歴史を動かした表紙写真
ジョン・バーカーの華麗なボルダリング(戸田直樹)
ヨセミテとコロラドの体験(戸田直樹)
日本人のヒマラヤ登山とその背景(本田靖春)
高所登山のルネッサンス(原真)
コラム5 ヨセミテの風2 教訓を生かす
クン西壁 7000メートルの岩壁登攀(近藤国彦)
コラム6 来日クライマーの横顔
日英交流岩登り 日本の岩場をめぐって(デニス・グレイ)
烏帽子奥壁大氷柱(勝野惇司、菊池敏之)
コラム7 フリークライミング定着の足跡
衝立岩フリー宣言(池田功)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ1(戸田直樹)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ2(戸田直樹)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ3(戸田直樹)
高峰登山 現代登山批判にかえて(和田城志)
ビッグ・ウォールが待っている(山野井泰史)
極限のソロ バフィン島「トール西壁」単独登攀(山野井泰史)
コラム8 山野井泰史という男
インタビュー 鈴木英貴
コラム9 フリークライミングの申し子 平山裕示
インタビュー 平山裕示
EL CAPITAN 垂直のクルーズ(保科雅則)
コラム10 All About 「岩と雪」
アルピニズム33年史(池田常道)
コラム11 アルピニズムの過去・現在・未来
インタビュー 吉田和正
コラム12 追悼 吉田和正
日本ボルダリング紀行 石の人 草野俊逹
コラム13 あの人が生きていたら

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

映画「メルー」ジミー・チン監督のサイン入りパンフ届く [山の本、TVなどメディア関係]

ジミー・チン監督のサイン入りパンフレット

 ある日、家に帰ると大きな茶色い封筒が机に置かれていました。差出人は「山と渓谷社」。いそいで開けると映画「メルー」のパンフレット。監督のジミー・チンさんのサイン入りです。

 たぶん酔った勢いで応募したのでしょう(^ ^)すっかり応募したことを忘れていたのですが、なんにせよ当たることはうれしいものです。中身を見るとこれがまた豪華な執筆陣です。

 2006年にメルー中央峰シャークスフィン第2登を果たした馬目弘仁さん、黒田誠さん、花谷泰広さん。それに山野井泰史さん、平山ユージさん、安間佐千さんも特別寄稿しています。映画の配給は「ピクチャーズ・デプト」というところなのですが、登山をわかっている人がパンフレットを作っているなあと感心しました。

 実はまだ映画を見ていなかったので慌てて仕事終わりで見に行きました。



 ガンゴトリ山群のメルーに挑む3人のクライマーの姿。リーダーのコンラッド・アンカーはマロリーの遺体を見つけた人物として有名です。

 クライミングシーンだけでなく、描かれているのは実生活とかかわりながらの登山。家族とのかかわりながらの登山です。様々なトラブルが起きるのですがそれでも登山を続けます。

 たぶん登山されていない方は、なぜそこまでして登るのだろうと思うのでしょうが「生きていることを実感しに山へ行く」そんなことを思わす内容でした。

 コンラッド・アンカーの登頂後の次の言葉が印象的です
 「もう行かなくてすむ」

 まだ細々と上映が続いているようです。登山好きな方は是非どうぞ。それにしても「クスクス」ってなんだ?美味しいのか?まずいのか?

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

NHK「山女日記」 内省的な登山が描かれていました [山の本、TVなどメディア関係]

 山のドラマは2時間ものから連続ものまで色々とありますが、今回の「山女日記」は(失礼ながら)想像していたよりよかったです。

 見た方もいらっしゃるでしょうが、第1回と第2回の妙高山・火打山篇では、街の厄介ごとをそのまま山に持ち込んでいる女性が出て来ます。「山の典型的なトラブル登山家」に主人公の女性ガイドが振り回されているという感じで話が進んだので、最初は(ちょっとなあ)と思いました。

 その後、唐松岳には主人公の元同僚との登山、白馬岳には文明の利器嫌いのオールドクライマーや家庭にトラブルを持っている高齢者などが出て来ます。それぞれの人生を背負ってガイド登山に参加してくるのです。それに主人公の人生も投影されて来て、複層的な展開を見せます。

 原作は湊かなえさんです。ミステリー作家のイメージが強かったのですが、湊さんはとても登山好きなのですね。知りませんでした。脚本は吉川次郎さん。窪田ミナさんの音楽も染み入る感じがしてよかったです。
 登山指導は降籏義道さんです。公式HPに降籏さんのブログが公開されていて、撮影の裏話を知ることができます。白馬大雪渓の雪解けは相当だったようですね。

 それにしても、このドラマはオールロケですよね。すごいと思います。ドローンが何度も効果的に使われていました。
 天候の判断はもちろん俳優さんの山でのお世話や撮影機材を持ち上がったりと、ロケは大変だったと思います。さすがNHK、お金かかっています。

 ドラマの登場人物は皆、何らかの悩みを抱えて登山しています。どこか内省的なところは実際の登山者と通じるところがあると思っています。登山はすごく内省的な行為です。そして一生懸命登っていると、「いろんな悩み事なんて些細なことだな」と思えてくるんですよね。

 冒頭の決まり文句が「うんうん、そうそう」という感じ。

山を登る。それはどこの石に足を置くか、ひと足ひと足、果てしなく探すこと。まるで人生のようです。山に登って見ませんか。もしかしたらあなたの探し物もそこに…


 いろんなことを感じさせてくれる「山ドラマ」でした。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

南裏健康さんがD・ポッターを追悼 トランゴのことなど [山の本、TVなどメディア関係]



 最近Rock&Snowをじっくり読むことが少なくなりました。もはや自分には手の届かないクライミングの領域ですから当然ですよね。そんな中、1年前のバックナンバーに懐かしい人の名前を見つけました。南裏健康さんです。

 Rock&Snow070号(2015冬)の特集は「ソロ・クライマーの系譜」で、アレックス・オノルドとディーン・ポッターが特集されています。山と渓谷社としてはその後アレックス・オノルドの本を出版していますから、その事前ブームアップという側面もあったのでしょうが、本を出してくれるだけでも御の字なので大歓迎ですし、渋い特集企画だと思います。

 D・ポッターは2015/5/16にヨセミテ国立公園タフトポイントから高度差900mのウイングスーツによるベースジャンプを行い岸壁に激突して死亡しています。ポッターはベースジャンプの他にフリーソロやハイラインも行っていて、ちょっと尋常ではない精神の持ち主ですが、実は南裏健康さんもすごい経験をしています。

 「岩と雪144号」特集は「トランゴ」です。表紙は紺碧の空をバックにドゥンゲ氷河から仰ぐグレートトランゴ北東ピラーがそびえ立っています。1990年に南裏健康さんが「ネームレス・タワー東壁新ルートのソロ」。木本晢さん、保科雅則さん、小坂昌弘さん、笹倉孝明さんの4人が「グレート・トランゴ北東ピラーのノルウェイ・ルート」に挑みました。南裏さんは頂上に立ったものの、頂上からパラパントで下降したところ墜落。飛び出しから45m下の岩にパラシュートが引っかかり墜落はまぬがれたものの、岩壁内に孤立してしまったのです。

 ここで登攀を終えBCで待機していた木本、保科ペアが南西壁の英国ルートをビヴァーグ3回で登り、岩棚で待つ南裏さんと合流し2日間かけて懸垂下降して急死に一生を得るのです。この救出の模様を記した木本さんの「ネームレス・タワー南西壁英国ルート」の記事は手に汗を握る内容です。

 何度もヘリからの食料投下に失敗し肉体的にも精神的にも南裏さんの安否が気遣われます。笹倉さんが無線で話し相手を務め時間を稼ぎます。こうした中ついに食料投下に成功。そのことを知らずコールが聞こえる地点まで近づいた救助隊の2人に対し南裏さんはこう言います。

 「一夜で成金やあ」

 全くどうかしている(^ ^)のですが、冗談を言えるということは元気な証拠。頂上から懸垂下降して2人は南裏さんと合流。ユーゴスラヴィア・ルートを懸垂下降します。南裏さんは安全な地を前にして初めて涙が溢れ出てきたそうです。そして糞をしながらも涙声で「畜生」を繰り返していたそうです。
 パラパントからの下降を試みる発想力といい、技術に裏付けされた救出の決断と実行力といい、日本のクライミングの一つのエポックとも言える内容でした。

 さてポッターの死に際し南裏さんはこう言います。

彼が、クライミングだけでなくハイライン、BASEジャンプと領域を広げて行ったことは、クライマーとして困難を追求していく過程で、より困難を求めた結果である。決してクライマーとしての方向性がブレた訳ではない。そして、彼にそんなモチベーションがあったのはなぜか。なぜ冒険に駆られるのか、これまで散々分析されてきたことだが、あらためて言うならば、人生は生きるのに値するか、日々自らに問いかけてきたからだ。


 「南裏さん、変わってないなあ」と思った次第です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クリーンクライミングの再提唱…「岩場に金具」報道で考えてみた [山の本、TVなどメディア関係]

 岩登りをする側から見れば「岩があったなら登りたい!」その気持ちはわかります…

 いろんなところで「岩場に金具」報道がなされています。あ〜やってしまったーという第1印象。しかしもっといっぱいあるのでは、とも思います。

 日本フリークライミング協会としても、ホームページ上で調査や見解を発表するなど、対応に追われているようです。

 大騒ぎになるのは、それだけクライミングが認知された結果と思いますが、せっかく東京五輪でクライミングが種目に選ばれようというときだけに「冷や水」だったのは間違いありません。

 JFAとしては、安全のためリボルト事業を推進していて、それが仇となった岩場もあるだけに、今回の指摘をどう解決していくかは非常に難しいと思います。

 現在進行形で信仰の対象となっているようであれば、そこにルートを作るのはさすがに無理でしょう。南紀・那智の滝で大騒ぎとなったように、社会から猛反発を食らいますし、地権者はもちろん地元の人をないがしろにして岩場を開拓するのはそもそも不可能だと思います。

 天然記念物だと、今回のようにボルトやハーケンなど(報道で言うところの)「金具」を打つと「文化財保護法違反」の疑いが出てくるのでしょう。登る行為自体はどうなのでしょう?法的に許されるのでしょうか?倫理的にはやはり無理でしょうか?

 私などは岩登り歴が30年以上になるにも関わらず低レベルなクライミングに終始しているためか、天然記念物を登った経験はありませんが、ゲレンデ及び本チャンの支点はほとんど残置ハーケンと残置ボルトを利用して登ってきました。(自慢になりません。逆に危ないです)

 今回の「岩場に金具」の根本的解決ではないと思うのですが、ボルトを少しでも減らすため思う事はナッツやカム・ディバイスを利用した「クリーンクライミング」をクライミング界全体で推奨するのはどうでしょうか?

 価値観の押し付けではなく、クリーンクライミング賞を作るなど、グレードだけではない価値観にスポットを当てれば、今の若者の価値観と合うような気がするのですが。

 時計の針を戻すことはできませんが、ロイヤル・ロビンズのインタビューを「ビヨンド・リスク」で読んでいると、ついそんな気がしました。
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ROCK & SNOW 黒部横断ゴールデンピラー初登 [山の本、TVなどメディア関係]

 最近、疲れが取れなくて、休日があると一日は横になっている時間が長くなってきました。おじいちゃんみたいです。

 クライミングは外岩の恐怖感が残り「もう登れない」と弱気の虫が出ています。これまでの「なんとかしなくちゃ」が「潮時かな」と変化しています。

 ROCK & SNOW 072夏号の特集は「マルチピッチへの招待状」でした。ヨセミテやレーティコンアルプス、エル・チョーロ、錫杖・烏帽子岩前衛フェイスが取り上げられています。

 ヨセミテは行ったことがないですが、ナットロッカーなどクラシックなマルチピッチは一度登ってみたいなあと思っていました。錫杖も左方カンテなど登ってみたかった。今からだと相当努力しなければならない。

 最後に黒部横断の記事が二つ。一つは剱沢大滝左壁ゴールデンピラーを登るという大変な記録です。メンバーは佐藤祐介、宮城公博、伊藤仰二の3人。天候待ちも含め31泊32日という社会人とは思えない!恐ろしい記録です。宮城さんのブログはこちら

 もう一つの黒部横断は大石明弘、鈴木啓紀、和田淳二さんによるもので、丸山東壁を経ています。こちらは今井健司さんと谷口けいさんを偲んでの山行だったようです。

 今となっては口に出すのも恥ずかしいのですが、若い時に黒部横断を真剣に考えていた時があります。しかし上記のようなクリエイティブなラインは引けませんでした。すごいなあと本当に感心します。やっぱり社会人の方が気合が入っているのです。


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボルダリングの中継録画が相次いでいる [山の本、TVなどメディア関係]

 フリークライミングが2020年の東京五輪で追加種目になる可能性が高まっています。そんな中、NHK-BSでボルダリングワールドカップ加須大会の中継録画が放送されていました。

 5月5日の午前11時から13時までで、NHK-BSで放送されたものを見てみると、解説が平山ユージさんで実況が茂木淳一さんでした。

 出場は女子はランキング1位の野口啓代(あきよ)、男子は藤井快が出ていました。残念ながら野口さんは普段の実力が出なかったようですが、見ている方はだんだんと力が入ってきて、落ちた瞬間などは「あ〜」と声をあげたりしてしまいます。

 5/28(きのう!)には「日本人クライマー世界最高の戦い」が20時からBS1で放送されました(まだ見ていません)。
 またNHKのサイトでは、W杯インド・ナビムンバイ大会も6/12にBS1で19時〜20時50分まで放送されるとのこと。日本人選手に注目ですね。

 NHKの映像を見ていると、後ろから撮影していると、壁の傾斜がわからないのが難点だと思いました。横からだと、ホールドやスタンスの位置関係が分かりにくいので、複数のカメラを切り替えると、全体像がつかめるのでしょうが、そうするとお金がかかるのかな?

 ボルダリングのジムは若い女性がグループで来ていて活況を呈しています。もしかしたら本当にクライミングがメジャーなスポーツになるのかもしれませんね。

 そうした時、メディアでいかに取り上げられるかが重要になるのでしょう。ヒーローとヒロインの登場に、もう一つ!「因縁の対決」っぽいサイドストーリーも。

 悪ノリですかね(^ ^)



 
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「真剣になりすぎてはいけない…」ウエリ・シュテックの言葉に救われた [山の本、TVなどメディア関係]

 Rock&Snow071(春号)の特集は「現代クライミングの到達点」として、ヒマラヤのアルパインクライミングから、アイスクライミング、フリークライミングなど各分野で考え得る最高のクライミングについて。

 この中で「スイス・マシーン」との異名を持つ男、ウエリ・シュテック(スイス)のインタビューが載っていました。(正しい日本語表記はウーリーだそうです)ウエリのアイガー北壁の記録は2時間22分だそうです。Youtubeを見たらほとんど走り登っている感じですね(^ ^)

 そのインタビューの中で心に残った言葉が次の言葉です。

 トレーニングや準備段階でシリアスになることは必要ですが、課題を行ううえでは、真剣になりすぎてはいけないと思います。成功しても、しなくても、世界が変わるわけではないのです。地球は明日も同じように回る。何千年前と同じように。それに、もしプロジェクトに完成しなくても、そこから得られることはあるでしょう。


 「トレーニングや準備段階でシリアスに」というように、もちろんウエリは人並外れた努力をしたうえだからこそ、こういう言葉を言えるのだと思います。

 実は私はこの言葉にちょっと救われました。ウエリと私が比較にならないのはわかっているんですが(^ ^)

 「世界は変わらない」「地球は回る」なんとスケールの大きい言葉なんでしょう!その言葉だけでも身体が開放されるような気分になるのです。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を見た [山の本、TVなどメディア関係]



 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を見てきました。「KADOKAWA40周年」だけあって岡田准一、阿部寛、尾野真千子という豪華出演者に、ネパールロケを1カ月敢行と、金も時間もかけた大作です。

 レイトショーだったためかお客さんは少なくて、ゆっくり見ることができました。

 登山をやっている方ならご存知の方も多いと思いますが、作品のモデルとなっているのは、「狼は帰らず」で有名な森田勝(阿部寛)、ライバルとして長谷川恒男(佐々木蔵之介)です。

 やっぱり森田勝という人は、なかなか激しい人であり、今の時代には決していないタイプの人だなあと思います。戦争の影もまだ残っている時期ですし、社会人山岳会も勢いがあった頃です。山に命をかけるというところから、現代ではもう受け入れもされないのじゃないでしょうか。

 いわゆる「コンプライアンス的にアウト」というやつです。

 それでも、そうした人物に魅力があるのも確かなことで、こうしてモデルとして映画化されるのでしょう。

 さて映画ですが「マロリー」「エヴェレスト南西壁」という大舞台に「BCまで行く元恋人」と恋愛も絡まり、ちょっと収まりきれなかった印象です。最後は精神主義の言葉が繰り返されていましたが、原作もこうだったのでしょうか。

 また「登山家=社会に迷惑かける困った存在」というステレオタイプなものに見えたのは、私が登山者側で世の中に負い目を感じているからでしょうか?ヨーロッパの山岳映画ではこういうことを感じません(例えば「アイガー北壁」)から、これは日本と海外における登山家に対するリスペクトの差なのですかね…

 山岳監修に八木原國明氏がいるだけあって、クライミングシーンはわりと頑張っているなあと思いました。しかし谷川岳滝沢第3スラブが初登(1967)される頃にダブルアックスという技術があったのか?また当時すでにウィランスのシット・ハーネスがあったのかなどはちょっと疑問でした。国井治氏はトロールのシットハーネスの発売は1974年だとしています。

 あと協賛社のメーカーのロゴが目立ちすぎです(^ ^)

 とは言っても「エヴェレスト 神々の山嶺」は相当の意欲作です。日本の山岳映画の可能性を広げうる作品だったのですが、ちょっと内容を欲張りすぎたのが悔やまれます。邦画の製作者の方々には、さらに良い山岳映画をと望む次第です。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

栗城史多さんのエベレストとイモトさんのマッキンリーをみました [山の本、TVなどメディア関係]

 正月休みにNHKの栗城史多さんの5度目のエベレスト挑戦を見ました。前回の挑戦で指を9本も切断しながら、通常ルートから挑戦するものです。

 ネパール側は地震の影響で今秋たしか栗城さんの隊だけに登山許可が下りたと思います。NHKが同行するので、特別扱いだったのでしょうか?

 番組では日本を代表するアルパイン・クライマーの花谷泰広さんが、八ヶ岳で栗城さんにトレーニングしていたエピソードが紹介されました。

 なにが栗城さんをここまで登山に駆り立てるのか?自己表現の場としての「山」なのでしょうか?いずれにしても指を切断してまで登るのは相当強い気持ちがないとできないなと思いました。

 一方、マッキンリーに挑戦したイモトさん。こちらは再放送の分です。サポートするメンバーはいつもの通り豪華な強者たちです。

 いくら手厚いサポートを受けているとはいっても、体調が悪くなりながらマッキンリーの頂上に立つのはすごかったです。単なる仕事以上のものを感じずにはいられません。風景も素晴らしかったです。

 「有名人+有名な山」。TVが取材するには、山登り自体ではストーリーが描けないのでプラスαが必要となるのでしょうね。う〜ん、本当にそうなのかな〜。先日谷口けいさんの記録を調べたたので題材はあると思うのですが、同行取材は難しいのでしょうね。
  最近ではミャンマーのカカポラジくらいでしょうか。どちらにしてもこの分野はNHKの独壇場だと思います。


栗城隊のNHKスタッフ
撮影:田嶋文雄、音声:仲野俊幸、佐藤ゆかり、取材:河合美和、ディレクター:滝川一雄、制作総括:浦林竜太、北川朗
前の10件 | - 山の本、TVなどメディア関係 ブログトップ
メッセージを送る