So-net無料ブログ作成

1981年チベット・シシャパンマ女子隊の秘話 [クライミングを復活させたい]

 北村節子さんといえば田部井淳子さん率いる1975年の「エベレスト日本女子登山隊」に参加した最年少メンバーであり読売新聞社の記者です。

 彼女は80年秋にチベット西部のシシャパンマ(8,012m)の偵察行にも田部井さんに誘われた形で参加しました。その際に田部井さんは「雪男」と遭遇し、田部井さんと北村さんは「足跡」も見つけたというエピソードを持ちます。(「雪男は向こうからやって来た」より 著:角幡唯介)

 その北村さんが81年のシシャパンマ本隊に参加した時のことを「チベット幻の山へ 8012メートル峰、頂上の旗」という小文にまとめていました。

 この時は北村さんは副隊長になっています。ご本人も言っていますが、よほど田部井さんと「ウマがあった」のでしょう。

 田部井さんと協力員リーダーは最終キャンプから頂上アタックします。そして4月30日に登頂に成功しました。秘話はそこから始まります。

(ここから引用)
 帰国後、頂上写真を現像して、あっと絶句。登頂証拠として貴重なその1枚。田部井さんが掲げる日の丸と五星紅旗。なんと、中国旗が上下逆なのだ!
(ここまで引用)

 旗を結んだのは協力員リーダーでした。もちろん当時はデジカメはありません。旗の上下逆さまの重大さは、わかる人にはわかるでしょう(^ ^)

(ここから引用)
(中略)いきさつを知ったカメラマンのO氏が「任せろ」と極秘任務を買って出てくれたのである。手練れの腕で、修正は見事に仕上がった。

 登山界では頂上写真に手を加えるなど大反則。が、ことは国家の名誉、それにレンちゃん(注:協力員リーダー)の処遇にもかかわりかねぬ。登頂を捏造しているわけではないのだから、と、ここに田部井・北村とO氏の「秘密」が成立。提稿、報道発表がクリアできた。
(引用ここまで)

 旗を結んだ協力員リーダーとはその後思わぬところで再会したというエピソードも盛り込まれています。

 もう時効ですよね。当時の社会情勢も伺えてとても楽しいエピソードでした。そして田部井さんが亡くなった今となっては、ちょっと哀しい気持ちになりました。「秘密話」に田部井さんの少女みたいな笑顔が眼に浮かぶようでした。


雪男は向こうからやって来た

雪男は向こうからやって来た

  • 作者: 角幡 唯介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

比良・鵜川左俣 明るい小滝登り、下りはびわ湖の絶景 [関西の沢と岩と雪]

 日帰りで沢登りを計画しました。すっかり登攀系には怖気付いているので、のんびり沢でヒルがいない沢をセレクトしました。表比良の鵜川左俣です。

堰堤上から入渓

 動物除けのフェンスを通過し、高圧電線の下の空き地に駐車。一旦林道を戻ると堰堤が見えます。堰堤を右岸に渡って入渓です。

順調に登る

 しばらくすると二俣に。やや薄暗い感じの左俣に入ります。ちょっと藪っぽく蜘蛛の巣を払いながら進みます。でももっとひどい蜘蛛の巣沢登りをしたことがあるので、平気です。

登れる滝がたくさん出てくる

 たまにナメ床も出てくるし、ほとんどの滝は直登できます。いまだに使っているガリビエールのヘルメット。そろそろ新しいのに買い換えなければ(^ ^)

鵜川 左俣 比良 沢登り

 実は表比良の沢は初めて登ります。裏比良に比べると花崗岩が明るい沢ですね。今年残雪期に釈迦岳を登った時に楊梅の滝を見た時に、表比良の明るさを知りました。

10M滝は登れず

 10M滝は、ナッツなどを持ち合わせていないため右岸から巻きます。その上の6Mも同時に巻くと、沢は平凡となりました。

鵜川左俣の源流部

 源流部は植林と広葉樹が混じるちょっと不思議な林相でした。滝山まで行きましたが、展望に恵まれず早々に引き上げます。途中から境界尾根に入り、森林組合の札に導かれながら尾根筋をどんどん下ります。目の前には琵琶湖が広がります。

琵琶湖が綺麗だ

 琵琶湖の向こうには伊吹山、霊仙山などが見えました。琵琶湖っていつまでも眺めていられるような気がします。滋賀県いいなあ。
 最後は鵜川の二俣のところに出てきました。そこから右岸の道を拾っていくとパイプ管の道に合流し、最初の堰堤に導かれました。

■比良・鵜川左俣 2017/6/3
鵜川左岸林道広場(8:00/11:30)滝山(11:50/13:10)広場

スマホ(YAMAP)の記録はこちら





nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

焼岳(2) 残雪豊富だった新中の湯コース [北ア・焼岳 2017年5月]

 上高地から焼岳におよそ4時間かけて登って来たのですが、焼岳の展望は素晴らしかったです。まずは槍穂の稜線です。

槍ヶ岳から穂高までの稜線が見えた

 一番左にいつもより斜めに傾いているのが槍ヶ岳ですね。

槍ヶ岳が見えた

 奥穂高から西穂高の稜線はいまだ行けていません。実は大キレットも…。「残り時間」を考えると早めに行きたいです。
 例年、5月の連休が過ぎると沢登りに勤しんでいたのですが、この時期のアルプスって良いですね。残雪もまだかろうじて楽しめますし。

残雪の奥穂高岳

 南には焼岳南峰と、その向こうに乗鞍岳。焼岳の火口湖「正賀池」です。

焼岳南峰と乗鞍岳

火口湖の正賀池

 西には笠ヶ岳が一瞬だけ見えました。下の写真は頂上直下で撮影したものです。

笠ヶ岳が一瞬見えた

 さてラーメンでも食べようとお湯を沸かしたのですが、箸やフォークを忘れたのに気づきました。あちゃー。いつもはそこらにある枝で代用するのですが、辺りを見渡しても枝はありません。あっさりと諦めます(T . T)コーヒーだけ飲み、ビスケット類を口に入れました。

新中の湯コースへ 下堀沢を降る

 さあ、下山に取り掛かります。下堀沢は残雪がたっぷりあって、どんどん登山者が登って来ます。ヘルメットを被っている人が多く、活火山であることを思い出しました。御嶽の噴火を思い出します。
 アイゼンを履いている人もいるのですが、私はどんどんヒールキックで下って行きます。下降に不慣れなのか苦労している方が多いようでした。「学生時代に雪山歩行の基礎をやっていてよかった」と思います。またピッケルを持っているのは私ぐらいなのですが、なんかピッケルを持つと安心感があるのですよね。

続々と登ってくる 人気コースのようだ

 それにしても新中の湯コースは残雪が豊富で焼岳への最短コースとあって、いいコースだなと思いました。人気コースなのもわかります。

下堀沢はまだ残雪でつながっている

 残雪は「広場」というところもまだ十分ありました。樹林帯の中をどんどん下り、車の音が聞こえてから長かったですが、登山口に到着します。車でここまで来れるのも人気の秘密ですね。ここからクネクネ道のアスファルトを50分で中の湯バス停まで。これが意外と疲れました(^ ^)

オオカメノキが咲いていた

 中の湯のバス停で10分ほど待つと13時33分のアルピコ路線バスが来て乗り込みます。あとはいつもの松本まで。松本では駅前のそばを食べてお土産の野沢菜を買って、特急「しなの」でビールで乾杯です(^ ^)。家には20時ごろに着きました。

 焼岳は「前夜発日帰り」で公共交通機関を使って登れるのがとても良いですね。そういえば往路「さわやか信州号」では上高地より中の湯バス停で下車する人が多かったような気がします。
 しかも新中の湯コースはこの時期に残雪がこれだけ残っているのは貴重だと思います。もちろんシーズンごとに状態は違うでしょうけど。車を利用すると駐車場から数時間で頂上に着くことができますもんね。


■北アルプス・上高地から焼岳、中の湯に下山 2017/5/28
上高地(6:00/10:10)焼岳(10:45/13:20)中の湯バス停

スマホ(YAMAP)の行動記録


焼岳小屋・小屋開け小屋締め (焼岳叢書)

焼岳小屋・小屋開け小屋締め (焼岳叢書)

  • 作者: 焼岳叢書制作委員会
  • 出版社/メーカー: 三月社
  • 発売日: 2014/06/13
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

焼岳(1) 新緑の上高地から焼岳 [北ア・焼岳 2017年5月]

 週末は天気が良いから梅雨に入る前にどこかへ行きたい。単独登山でも問題なく、日帰りくらいの行程で、できれば残雪があるところ…。車は使えず公共交通機関でとの制限付きです。いろいろ考えて焼岳に行くことにしました。

 夜行バス「さわやか信州号」で上高地に着いたのが5時40分頃。身支度を整えてまずはおなじみの河童橋へ午前6時に出発です。

上高地の河童橋の風景

 何度も言って申し訳ないですが(前の記事)、「一枚の絵」にバランスよく全てが整って配置された景色は、他にないのではないでしょうか。35年前に見た初めてみた感動をいま一度味わうことができました。

河童橋から焼岳を望む

 穂高連峰の景色に圧倒されてあまり顧みられませんが、こちらが焼岳です。河童橋を渡り梓川右岸に付けられた道を歩き出します。きれいなホテルがたくさんあります。ウエストンの碑はなぜあんな場所にあるのだろう、などと考えながら焼岳登山口に到着です。

焼岳登山口近くで群生していた白い花

 登山口からは樹林の中の緩やかな登りが続きます。

残雪が出てきた

 残雪が出てきました。アイゼンをつけるほどではありません。インバウンド効果なんでしょうが、外国人の登山者に何度か会いました。登山ツアーなどではなく、個人で静かに日本の山を味わおうという方々のようです。

フキノトウが出ていた

 高山植物は思ったより咲いていませんでした。ちょっとまだ早かったようですね。上高地からのルートは5月13日に冬季通行止が解除されたとのこと。梯子など、きちんと整備されていて安心です。

ルートはよく整備されています

 森林限界に出ると焼岳が間近に迫ります。写真の右端に見える残雪の上にある人工物があとで出てくる「長い梯子」です。

快晴の焼岳 右端に梯子が見えます

落ち着いて登れば大丈夫です

 「長い梯子」は落ち着いて登れば、全く問題ありません。そこを越えると広々とした斜面に出て、右上の鞍部に向かってジグザグに登ります。鞍部から(標識によると(^ ^))「121歩」で焼岳小屋に着きました。午前8時45分です。

焼岳の小屋はまだ残雪に囲まれていました

 稜線に出ると少し風が吹きます。みなさんそれぞれのアウターを着込んでいます。やがて焼岳頂上直下の急登が始まりました。ところどころで火山ガスが出ています。この硫黄の匂い、割と好きです(^ ^)

急に登山客が増えました

 残雪をやり過ごして鞍部にでると、新中の湯コースを登ってきた人で、一気に賑やかになりました。こんなに人気なコースとは知りませんでした。

穂高連峰と梓川

 ひと登りで山頂です。午前10時10分。なんとかコースタイム通りでしょうか。穂高連峰と梓川を望みます。雲が湧き始めましたが、とても雄大な風景が目の前に広がっています。穂高の雄大さは見当がつきますが、梓川の広がりは想像以上でした。思い切って、来てよかったよな〜。


■北アルプス・上高地から焼岳、中の湯に下山 2017/5/28
上高地(6:00/10:10)焼岳(10:45/13:20)中の湯バス停

スマホ(YAMAP)の行動記録





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る