So-net無料ブログ作成

上高地の風景 何度見ても素晴らしい [クライミングを復活させたい]

上高地の河童橋の風景

 久しぶりに上高地へ。これだけ整った風景も珍しいと思うのです。とても素晴らしい風景です。芥川龍之介の時代には、きっともっと神秘的なところだったのでしょうね。

 北アルプスの焼岳に登ってきました。先ほど帰ってきたばかりです。報告は後日。

YAMAP(スマホ)の行動記録はこちら
https://yamap.co.jp/activity/901884


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宝塚・赤子谷 側壁が立ち両岸狭まるゴルジュに驚いた [関西の沢と岩と雪]

ゴルジュがあるという赤子谷の噂は聞いていました。そこで行ったことがあるという知人の案内で行くことに。JR生瀬駅は廃線跡ハイキングの人で大賑わいです。

JR生瀬は大賑わい 廃線跡ハイキング

ハイキングの人たちから離れ、蓬莱峡へと続く車道を歩き、橋を渡って赤子谷へ入ります。しばらくすると二股があり、ここは左股を選択します。ボーイスカウトの子供達もいました。結構人は入っていて踏み跡は明瞭です。

赤子谷 最初の滝

最初の滝(赤子滝?)を左岸の補助ロープに助けられながら登ります。そしていよいよゴルジュの登場です。

赤子谷 ゴルジュ始まる

最初はヤブっぽいので、やっぱりこんなものかと思っていたら…

宝塚の赤子谷

どんどん両岸が迫ってきて、その幅1メートルくらいでしょうか…

赤子谷 側壁が立つ

側壁も立ってきました。長さは100メートルはないでしょうが、ゴルジュの立派さに驚きました。絶景と言っても良いでしょう。ただし通過は全く問題ありません(^ ^)

滝が出た

 滝には補助ロープが付いています。沢シューズなら滝身も楽しそうなところです。

この滝を過ぎると平凡に

 駅から1時間半で六甲縦走路に出ました。ゆっくり昼食を食べて塩尾寺経由でナチュールスパ宝塚で
汗を流し、ビールを飲んで解散しました。

 正直薮っぽいゴルジュだと思っていたら、両岸が迫り、側壁も立った、なかなかのゴルジュでした。ありそうで、なかなか出会えない典型的なゴルジュでした。それも宝塚からこんなに近くに。

 まだまだ知らないところがあるもんですね。

■行動軌跡
https://yamap.co.jp/activity/885418

■宝塚・赤子谷 2017/5/21
JR生瀬(10:30/12:00)六甲縦走路(13:10/14:15)ナチュールスパ宝塚
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

松本俊夫さん亡くなる 「錯覚」のひと [アート&ライブ]

 前衛映像作家の松本俊夫さんが4/12に腸閉塞のため亡くなりました。映像の可能性を限りなく追求された方でした。

 何を思ったのか、実験映像集というDVDを買って見たことがあります。正直なところ凡人には苦しい作品もあったのですが、松本俊夫さんは「錯覚」というものを非常に意識していたのではないかなと感じました。「錯覚」が「倒錯」に行き着いたりするわけです。

 人工的に「錯覚」を作ること。それは人間を深く知らないとできないことだと思います。改めてご冥福をお祈りします。


タグ:松本俊夫
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

奈良・白毫寺と正暦寺ハイキング [大阪発家族でアウトドア]

 GWは次男の最後のバスケの大会ということで、基本的にはそちらを優先。チームはまだ勝ち残っています。今後次男の出る幕はないでしょうが、「最後ですから」応援にも力が入ります。

 合間を縫って5/6-7で山へ行く予定をしていたものの、5/6が天候悪いということで中止に。いつものパートナーさんは5/4に単独で爺ヶ岳南尾根へ。快晴でうらやましかったです。

 5/7はお天気も良いし、ハイキングへ出かけることに。のんびりしたかったのです(^ ^)。

奈良 飛火野の風景

 まだ朝早い奈良・飛火野の風景です。相変わらずいいですよね〜。春日大社の脇を抜けて花の寺として有名な白毫寺(びゃくごうじ)へ。9時からの拝観をしばらく待ちました。

白毫寺の石段

 拝観は500円。阿弥陀如来坐像や閻魔王坐像など重文の仏様がいらっしゃいました。このお寺は3月下旬からの五色椿と、9月の彼岸ごろのハギが有名だそうです。次は(?)その頃に来たいです。奈良盆地と生駒が一望できる展望も印象的でした。

白毫寺からの展望 奈良盆地と生駒が一望できる

 白毫寺からは田舎の風景が続く気持ちの良いところです。鹿野園(ろくやおん)を過ぎ、東への上り道を進みます。この辺り不法投棄が多いのでしょう、禁止を呼びかける自動再生が延々鳴り響いていました。上り坂にいい加減うんざりした頃、茶畑がありました。

茶畑があった

 正暦寺(しょうりゃくじ)を目指して山道に入ったのですが、この道は沢沿いで道もはっきりせず、歩きにくかったです。石垣が出て来たら正暦寺です。一帯は菩提山として平安時代はたいそう栄えていたそうです。今は江戸時代建立の福寿院客殿くらいしか残っていないとのこと。

 ちょうど秘仏ご開扉ということで、薬師如来倚像を拝見することができました。椅子に座った格好の薬師如来様を初めて見ました。貴重な経験をしました(^^)

新緑の中の正暦寺 工事中だった

 円照寺をへてバス停に。そこから近鉄奈良駅まで奈良交通に乗ります。ちょうど昼過ぎでしたので、駅近くのラーメン店「にぼしこいし」で煮干しラーメンを食べて帰りました。ごちそうさまでした〜。

 コースは近鉄電車の「てくてくマップ」を参考にしました。東海自然歩道や歴史の道、山の辺の道をつなぎあわせるようなコースですので、途中にトイレがあったりよく整備されています。寺社仏閣もさすが奈良!歴史を感じさせます。その反面、コンクリートの道が多く、山歩き志向の人には少し物足りないかもしれませんね。

近鉄奈良駅近くの「にぼしこいし」

■奈良・白毫寺、正暦寺ハイキング 2017/5/7
近鉄奈良駅(7:50/8:50)白毫寺(9:20/11:05)正暦寺(11:35/12:20)円照寺バス停
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る