So-net無料ブログ作成

YAMAPという山アプリ GPSってすごい… [山の本、TVなどメディア関係]

 これまで私はガラケー+タブレットを使っていました。山に行く時はタブレットは重いので、ガラケーだけを持ち歩いていました。

 しかし息子らのiPhoneの契約が2年となるのに機に、大手キャリアから格安SIMに契約を変更することにします。私のタブレットもそれに伴い廃止し、ガラケーを格安SIMのスマホにしました。格安SIMといっても一度昼休み時につながりにくくなりましたが、それ以外は良好です。というより値段を考えれば十分です。

 さて普段からスマホを持ち歩くようになると、山のアプリを入れてみたくなりました。そこでインストールしたのがYAMAPという山アプリです。私は他のアプリを試したことがないので、この文は比較ではありません。あくまで初心者の感想ということでお願いします。

 YAMAPの感想は「これがあれば記録メモを取る必要がない」ということです。

①まず、家で必要とする地図をダウンロードしておきます。これでオフラインでも使えるようになります。
②電話もメールもできなくなりますが、現地で機内モードにしてバッテリーの消費を抑制します。GPSは生きています。
③歩き始めで「スタート」ボタンを押します。すると現在位置が地図上で点滅します。
④途中スマホで写真を撮ります。GPSにより今どこにいるかもすぐにわかります。
⑤歩き終わりで終了します。

 終了すると、この記録を公開するかどうか、写真をアップロードするかどうかなど聞かれますが、それは人それぞれです。

 これまで使用したのは、京都北山・雲取山比良・釈迦岳の2回ですが、何時何分にどこにいたか、どこで写真をとったか、どれぐらいの距離を歩いたのかなどがわかります。

 ひとえにGPSの恩恵に預かっているといえそうです。実際のところ、GPSでの現在地確認は一度使い出すと手放せなくなりそうです。

 スマホによって消費行動が大きく変わっているのは普段から実感としてありました。GPSに関していうとカーナビが売れなくなったりしているのでしょうが、山のGPSの売れ行きもめちゃくちゃ影響を受けているのでしょうね。これから体力や気力が落ちる私なんぞは、スマホでサポートされるのであればそれはそれで結構なことだという気がします。

 一方で、一般的な話としてこうしたスマホアプリは「この山を登る人はこういう服装や装備を使っている」みたいなことがデータになって、消費行動の分析や広告に使われることもあるのではないかと思います。

 先日警察がGPSを使う時には裁判所の令状を必要とする旨、最高裁が判決を言い渡しました。非常に便利なGPSですが、こういうものって使い方を誤ると、非常に怖いものだなあとも思います。

 個人的にはこの便利さは捨てがたいです。これからも使い続けますが、データを公開し続けるかどうかはもう少し考えたいと思います。


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

比良・釈迦岳 今年の比良の残雪はたっぷり [関西の沢と岩と雪]

 今年の残雪は多いですね。特に比良は多いと聞きましたので、単独・日帰り・電車で釈迦岳へ行くことに。北小松を出るときには小雨が降っていました。長袖シャツにソフトシェル、帽子で様子を見ながら歩き出しました。

 すぐに楊梅の滝です。雌滝を下から見たときはふ〜んという感じでしたが、滝見台から見ると…

楊梅の滝と獅子岩

 なるほど滋賀県一の滝もなるほどと思わせます。特にクライミングができる獅子岩を頭上に従え、なかなかの景観でした。

 涼峠を過ぎた頃から雪が出てきて傾斜も緩やかになります。天気も回復してきたのか日差しが出てきました。

涼峠を過ぎると雪が出てきた

 ヤケ山に11時ごろに到着。稜線に出ると鴨川からの風に吹かれます。釈迦岳ははるか遠くに見えます。「12時半に着けるのか?もう少しかかりそうだな」と不安になりました。コンビニ弁当を食べてエネルギー補給です。
 一度降りてヤケオ山への登りに入ります。白い稜線が続き気持ちがいいです。

ヤケオ山への白い稜線

 キックステップがよく決まります。下の写真で見える集落は黒谷あたりでしょうか。

ヤケオ山への登りは白い稜線

 ヤケオ山で登山者と出会います。金糞峠から八雲に出て武奈ヶ岳が黒い雲に覆われていたため、こちらに転進してきたとのこと。体力あるなあ。
 ヤケオ山から釈迦岳はまたアップダウンです。それにしても雪庇がまだ残っています。下の写真でわかるでしょうか?

ヤケオ山からの釈迦岳 雪庇が見える

 雪庇の横を通りながら、樹林の中を登り詰めると釈迦岳です。稜線としてはヤケオ山への白い稜線の方が格好いいです。

釈迦岳の山頂

 山頂に社会人パーティーがいました。大津ワンゲル道を来たようです。大津ワンゲル道を聞くと、岩まじりのミックスのようなもの。ロープも用意したとのこと。「大津ワンゲル道は危ない、バリエーションの範疇」。それならとリフト道で下山することに。しかし時間が時間だからか、踏み抜きが多くて難儀しました。リフト跡は「兵どもが夢の跡」なんとなくさびしいですね。子供とリフトとロープウェイに乗ってスキー場まで行った思い出があります。

JR比良からの釈迦岳

 北小松からの道はすぐに登山道に入れるのでいいですね。時間的にもちょうどでした。しかし降雪直後などラッセルがあればしんどいコースでしょう。春雪がいいコースでした。それも電車だけで山へ行くことができるって貴重です。

■比良・釈迦岳 2017/3/19
JR北小松(9:00/10:55)ヤケ山(10:55/12:55)釈迦岳(13:05/14:25)イン谷口(14:35/15:05)JR比良

軌跡等はこちら




nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

東日本大震災 7年目を伝えるテレビ番組を見て [日常]

 東日本大震災から7年目を伝える特別番組が各局で放送されています。とても全てを見るわけにも行かないのですが、気になった番組を録画して見ています。これまで見たのは次の4番組。

3/5放送 NNNドキュメント17「高校生がつなぐ〜東北の未来、私たちの夢〜」
3/10放送 NHKスペシャル「15歳、故郷への旅〜福島の子どもたちの一時帰宅〜」
3/11放送 FNN報道特別番組 日本を襲う巨大地震 忘れていないか3.11」
3/12放送 テレメンタリー2017「造られた大地の上に〜東日本大震災6年目の現実〜」

 中でも最も印象に残ったのはNHKスペシャルの「15歳、故郷への旅」でした。福島原発近くの避難指示区域への一時帰宅は大人しか認められていません。15歳になって初めて認められるそうです。当時小学校4年生で、今15歳になる高校1年生の少年や少女が避難後初めて自宅や思い出の場所を目にします。避難先の現在の暮らしの難しさや過去にあったいじめなど友達関係も垣間見ることができて、深く考え込んでしまうような内容でした。

 震災の時も思ったのですが「思い出の共有」というのはとても大事なことなのだなあと、思います。家族にとっても友達関係にとっても、その時を一緒に過ごすから辛いことや嫌なことがあっても一緒になって乗り越えられるのでしょうね。

 15というと旅立ちの年齢でもあります。失った6年間、避難先の学校で独りで「闘って」いるのですが、自分が何と闘っているのかがわからない苛立ちを感じました。答えはどこにあるのか?自問自答しながら少年や少女たちは、自分が生まれ育った街に足を踏み入れる決心をするのです。

 「造られた大地の上に」は岩手・陸前高田のかさ上げされた土地にようやく商業施設が建設されるのですが、商業施設再建には国の補助金の壁があって、簡単なものではないようです。浅野温子さんのナレーションが超熱かったです(^^;)

 体力的にも、精神的にも、金銭的にも、とにかく大変です。思い出を大事にする一方で、新しい生活への変化に対応せざるを得ません。

 2011年からまだ6年しか経っていないのに、知らないことだらけです。せめてできることは被災地の今を知ることなんだろうと反省しました。

【追記】
NHKスペシャル「仮設6年は問いかける〜巨大災害に備えるために〜」を見ました。厚労省所管の災害救助法が随分と古い法律で、今回のような大規模な災害を想定していないことや、そうした問題点は阪神大震災の直後に議論されたものの、(国土交通省の)省庁の壁が原因で前に進まなかったことが紹介されました。木造の仮設住宅など各自治体が独自に取り組んでいる仮設住宅は良いなあと思いました。それぞれの地方で生活の基盤や年齢など自主再建できるかどうかは様々で、災害救助法が定める「仮設住宅は原則2年」は、すでに実情に合っていない。省庁の壁を超えるため内閣府が一元的に監督しているものの、担当者は「現行制度で工夫して」というしかないのです。立法でなんとかするしかないのではと思いました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

京都北山・雲取山 春雪を堪能しました [関西の沢と岩と雪]

 おととしルート・ファインディング・ミスとあまりのラッセルで途中敗退した京都北山の雲取山。雪も落ち着いただろうし、「今度こそは」と、またしても一人で行くことにしました。出町柳発広河原行きの京都バスに乗ります。花背高原バス停に8時50分に到着。国道から中に入ると雪がたっぷり残っています。下の写真は花背高原スキー場跡です。

花背高原スキー場跡

 スキー場跡を左に見送りなおも林道を詰めると、やがて寺山峠への道に入ります。前回帰りのバスに乗るために寺山峠から急いで下った思い出が蘇ります。トレースがついていますが最近のものではありません。まもなく寺山峠へ着きました。

寺山峠

 「今日は誰にも会わないだろう」と思っていたのですが、意外なことに寺山峠で旧花背峠から来たという男性に会いました。男性は「旧花背峠からの稜線道は天然林だし良いコースですよ」と教えてくれました。しばらく話した後、男性は稜線上を、私は一の谷出合方面におりて、いずれも雲取山を目指します。

一の谷を遡ると小屋があった

 一の谷出合から遡ります。立派な杉林に穏やかな清流と、京都北山の雰囲気がとても感じられるところです。雲取山荘(というらしい)からも沢沿いに進みます。雰囲気は良いのですが、ちょっとトレースを踏み外すとズボッとハマるので、額から汗が吹き出ました。しんどかった。

雲取峠

 展望が開け、雲取峠に到着。稜線上を進んで来た先ほどの男性と再び一緒になります。2人で雲取山の山頂を目指します。

雲取山は展望が利かない

 雲取山は展望も効かない山ですが、高校生の時代に計画を立てて以来、一回も登ったことのない山だったので、長年の思いを果たせました。静かな静かな山頂でした。

二の谷は踏み抜きが多かった

 男性と分かれ、二の谷へ降ります。踏み抜きが激しく、ここで初めてワカン装着です。それでもバランスを崩すこともしばしば…この辺が一番大変でした。2度ほど滝場を巻き降りて下降すると、立命館大ワンゲルの小屋です。さらに一の谷と出合い、沢を何度も渡渉して三の谷出合へ。三の谷出合からは林道となりました。北山杉の中を黙々と歩きます。

三の谷出合からは林道になる

 芹生に出るとさすがに除雪された道になりました。芹生の集落は3〜4軒でした。雪かきをされている家もありました。人里離れてどんな生活をされているのでしょう。

 割とそっけない芹生峠を経て、貴船へ車道を延々歩きます。貴船神社から急に観光客の中に放り込まれたような少し居心地の悪い思いをします。釣りをしている方がいたのですが、後でwebを見ていると昨日(3/5)が渓流釣りの解禁日だったようです。

 いい加減疲れたので貴船からバスに乗って(¥160)、叡山電車の貴船口へ。

叡山電鉄・貴船口から電車に

 雲取山は本文でも言いましたが、高校時代から何度も検討しながらお天気やいろんな都合で登れなかった山なので、思いが達成できて、とても嬉しいです。
 京都北山は地形が複雑で読図が必要ですね。今回はスマホのGPSにだいぶ頼ってしまいました。でもまあ考えさせられながら登るというのは面白いもんです。

 京都北山って本当に静かで、特に春雪の頃って楽しさを教えてくれる「近くて良い山」だと思います。なぜか他の山域では感じられない充足感に満たされるのです。

■京都北山・雲取山 2017/3/5
花背高原バス停(9:25/10:00)寺山峠(10:15/11:05)雲取峠(11:10/11:30)雲取山(11:50/13:50)芹生峠(13:50/14:45)貴船バス停

■地図軌跡はこちら
https://yamap.co.jp/activity/722812


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る