So-net無料ブログ作成

桑原武夫さん「登山の文化史」器の大きさを感じました [山の本、TVなどメディア関係]

 久しぶりに桑原武夫さんの名前がテレビのニュースに出ていました。が、信じられない話でした。桑原さんの蔵書1万冊を寄贈を受けた京都市が無断で廃棄していたというのです。

京都市が文学者の桑原武夫さんから寄贈された蔵書1万冊を全て無断で廃棄していたことが分かりました。フランス文学の研究などで業績を残し文化勲章も受章した元・京都大学名誉教授の桑原武夫さんは、亡くなった際にその蔵書約1万冊を親族が京都市に寄贈しました。

【記者リポート】「寄贈された蔵書はいくつかの施設を転々とした後、最終的に伏見区にあるこの図書館の倉庫に保管されていました」中には、今は手に入らない洋書なども含まれていましたが、おととし、図書館の改修工事の際に、本は不要だと職員が判断し親族に無断で全て廃棄されたことが分かりました。ことしになって本に関する市民からの問い合わせがあり事態が発覚しました。親族は「そういうことが起こるのか、と信じられない気持ちです」と話しています。(関西テレビ)


 寄贈の図書を保管、管理するのも難しいだろうなとは思いますが、寄贈を受けた以上は職員の判断ではなく、もっと違うレベルで判断して欲しかったなあと思います。「もしかしたら桑原さんが本に線を入れたり、書き込みをしていたら」と考えると、勿体無いなあと思います。

 世間的にも大きな話題となったこのニュースですが、私にとっての桑原さんといえば登山者としての桑原さんです。京都三高(京都大学)の山岳部として、また京都大学山岳会のヒマラヤ・チョゴリザの登山隊の隊長として、そして「登山の文化史」著者として。

 「登山の文化史」は、登山は文化的なものであるとの表題作や、昭和初期の登山の様子が落ち着いた深い文体で描かれています。西堀栄三郎、四手井綱彦さんの名前も。人夫として宇治長次郎の名前も見られます。

 「登山の文化史」は、大学時代のゼミの恩師が「読んで欲しい」と紹介してくれた本です。どうして恩師がこの本を勧めてくれたのか?私がクラブの運営に嫌気がさしていた頃だったのかもしれません…本を読んで、何がどう変わったわけでもないのですが、気分が広くなったことを思い出します。桑原さんの器の大きさは伝わってきたと思います。助けられました。

 もう一度読んでみようと思っています。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 2

RW

「登山の文化史」・・、読んでみたいです。昭和初期の登山は大学山岳部によって新たなルートが開拓され、文化歴史が積み重ねられて行きましたね。その裏には多くの遭難者が出ていたと想像されます。


by RW (2017-05-01 09:11) 

かばたん

大学山岳部は当時の登山者ではエリート中のエリートだったんでしょうね。当時の山岳界の実態は、華々しい初登頂の裏に隠れた遭難史にあるのかもしれませんね。
by かばたん (2017-05-07 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る