So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2万5千分の一地図の販売が激減…スマホとGPSのせいですね [山の本、TVなどメディア関係]

 先日、日本経済新聞を読んでいますと、共同通信が配信した次の記事がありました。国土地理院発行の紙地図の販売が、2016年度は47万2951枚だったこと。これは最高だった81年度の約910万枚の約20分の一に当たるそうです。

(販売に当たる日本地図)センターの田代博常務理事は「データのデジタル化が進み、パソコンやスマホで簡単に地図を検索できるようになったことや、学校で本物の地形図を使う先生が少なくなったことも大きい」と分析する。

16年度の実績をみると、紙地図販売の8割を占める2万5千分の1で最も販売枚数が多かったのは北アルプス「穂高岳」の1921枚で、前年度よりほぼ半減。「武蔵御岳」1733枚、「京都東北部」1667枚など人気観光地が続く。例年「穂高岳」に次いで2位だった「槍ケ岳」は29位と順位を落とした。 5万分の1のトップは大阪府「岸和田」の1847枚(全体でも2位)。岸和田市が中学1年の社会科の副教材として生徒全員分を毎年購入しているのが貢献している。 田代さんは「一覧性に優れ、災害時などバッテリーを気にせず使える紙地図の役割は依然として大きい。販売落ち込みで入手困難になっては残念だ」と話している。〔共同〕


 先日、スマホアプリの効用をブログに記したばかりなので、こういう記事を見ると「申し訳ない」と思ってしまいます。実際買わなくなりました…

 今でも大きな山に行くときは2万5千分の一の地図を持って行くのですが、それも国土地理院のサイトで地理院地図をプリントアウトしがちです。日帰りなどスマホのバッテリーがもちそうな時は、買わないだろうなと思います。

 PCやスマホで一昔前より、地図に触れる機会は格段に増えたのは間違いないのですけども…これはやはりGPSで自分の位置がわかるようになり、「地図を読む」必要がなくなってきたからではないでしょうか。

 2万5千分の一でわずかな凹凸を地図上で読み取ることができると、山が面白くなり、自信もついたものです。

 学校で地形図は一枚手渡されて、折りたたみ方も含めて教えられた記憶があります。そんな先生もいなくなってきたのでしょうね。そういえば地理の先生は、山岳部の顧問でした(^ ^)。

dマガジンで「山と渓谷」 ウルトラライトな登山用具 [クライミングを復活させたい]

 もうだいぶん前からなのですが、dマガジンに契約しタブレットやスマホで見ています。月額400円(税抜)です。書籍の山と渓谷が952円〜なので、それだけでも「元は取れる」と思っています。

 山と渓谷、ビーパルなどのアウトドア系だけでなく、週刊文春などの総合週刊誌やファッション誌など普段は買わないような雑誌まで見ることができるので、気に入っています。

 さて山と渓谷の4月号は特集が「最新「軽・快」登山マニュアル」でした。特集では、心拍数を一定にして登山する実験を通し、重い荷物は体への負担が大きいこと、速く登ることは快適でもあることから軽量化のメリットを説いています。

 軽量化の実践としてトランスジャパンアルプスレース参加者の松浦和弘さんの装備が参考になりました。初夏に金峰山〜甲武信ヶ岳の縦走として考えたとのこと。

【ウェアその他 2479g】帽子51g、時計83g、ネックゲイター・バラクラバ46g、下着(上下)78g、シャツ・アームカバー196g、ハーフパンツ・カーフレングス71g、ウインドシェル110g、レインウェア(上下)341g、グローブ30g、ソックス38g、トレランシューズ(ペア)770g、サングラス30g、防寒具(上下)382g、着替え(シャツ、下着、ソックス、パンツ、スタッフバッグ)253g
【行動用具 1472g】ザック最大30l・防水袋530g、ストック314g、ヘッドランプ・ハンドライト・予備電池142g、地図・行動計画表・マップケース47g、コンパス16g、スマホ・予備バッテリー191g、熊避け鈴14g、シャープペンシル7g、ナイフ21g、ティッシュ28g、水筒(ペットボトル900ml×2)66g、折り畳み傘96g
【幕営用具その他】ツエルト・マット・シュラフなど916g、調理器具・ガス355g、ファーストエイドキット168g、水・ポカリスェット1800g、食料(調理用食料、行動食、予備食、非常食)1916g、その他(財布、カメラなど)528g
【総重量】9634g(!)


 松浦さんはスピード化が図られ通常2泊3日のコースを1泊2日で終えてしまったとのこと。ツェルトの使用で幕営用具が1Kg未満なのは驚きですね。何を重視するか?何を犠牲にするか?どこに行くのか?天気はどうか?安全性をキープしながら軽量化を考えるのは楽しいです。

 スピードは登山で重要なファクターだと思います。良い天気を見計らって一気に縦走するスタイルは理にかなっていると思います。

ようやく桜が咲きましたね [日常]

桜

桜

 近所の桜が満開となりました。
 子連れの近所の人と話していると「去年の入学式の頃には散っていたのに」とのこと。そうでしょうね。今日はあいにくの雨ですが、日に日に気温も上がるとのこと。

 五月の連休はどこの山に行こうか。残雪の山に思いを馳せています(^ ^)


那須・雪崩事故 学校教育での登山が問われている [クライミングを復活させたい]

 那須のスキー場上部の斜面で起きた雪崩が、栃木県の高校山岳部の合同訓練のパーティーを襲いました。その結果7人の高校生と引率の教師1人の合わせて8人が死亡しました。あまりにも大きい犠牲に呆然としてしまいます。謹んでお悔やみを申し上げます。

 合同訓練の責任者の高校が警察の家宅捜索を受けるなど、事故原因の究明がなされようとしています。またスポーツ庁が、学校登山の実態を調査する方針を示すとともに、改めて高校の山岳部に冬山登山をしないよう通知を出したということです。

 私は高校、大学と山岳部にいました。高校時代はインターハイに出るようなレベルの高い高校ではありませんでしたが、当時から冬山登山は「登らない」方針であったと記憶しています。ですから春休みは残雪を求めて、京都の北山や鈴鹿へ行っていました。シリセードで滑ったり、わざと倒れ込んだり、雪合戦したりして、夏山以上に楽しかった思い出があります。

 大学では先輩に連れられて、岩登りや沢登り、冬山に行きました。年中登山をしていました。しんどいこともありましたが、登山を重ねることで、人間として成長しているように思うこともありました。

 今回の雪崩事故で亡くなられた生徒さんの遺族がインタビューに答えられていました。非常に胸が詰まりました。泣きそうになりました。こうした残される人たちのことを忘れて登山してはいけないと改めて思いました。

 よく友人から「子供さんは山に登らないのですか?」と聞かれます。自分の子供はバスケットボールでよかった。高校や大学で「山岳部に入る」と言ったら、どうしようかと心配でした。山の厳しさを少なからず私は経験しているからです。

 高校山岳部では顧問の方の経験はどのように検討されるのでしょうか。「20年のベテラン」と言われていますが、年数だけで「経験」を計ることはできないと思います。「顧問だから経験豊富」と本当に言えるのでしょうか。

 大学山岳部は山に登ってたかだか3〜4年目でリーダーになります。自分の実感も含めていうと、この年数で登山のリーダーになるのは難しいというか、ある意味で無謀とも思います。最近では大学のカリキュラムが忙しくなって山行日数も減ってきていると聞きます。山行日数の多さで経験不足をカバーしていく大学山岳部の伝統も崩れようとしているのです。

 日本人は冒険の精神がないと言われた時代もあります。冒険と安全は相反するものと思われがちですが、知識と綿密な計画のもとで行う冒険は、無謀なものではないと思っています。引き返す基準、タイミングを持っていれば良いのではと思います。

 今回の事故でどうしてもわからないのが「雪崩の知識は十分だったのだろうか」ということです。暖かい日が続いた後に雪が30~50センチ降ったら、雪が落ち着くまで行動できないと思わなかったのでしょうか。

 その他にもあります。森林限界上の雪面が危なさそうだと思わなかったのでしょうか。ラッセル訓練は下部の樹林帯だけで行うことはできなかったのでしょうか。合同訓練でリーダーシップは曖昧なものになっていなかったでしょうか。

 猛吹雪の中の訓練は本当に必要なのでしょうか。昔の軍隊意識がなかったのでしょうか。この歳になるとわかります。吹雪の時に出かける必要なんかないんだと。天候の良い時に行くほうが、確実に生存率が高まります。気持ちの良い思い出が残り、また山に行きたくなります。

 学校教育現場で、命をかけて登山する必要はないと思います。登山は一生涯かけてできるスポーツです。みんながみんなヒマラヤを目指す時代でもありません。学校では登山の楽しみ、自然科学への探究心、自らに打ち勝つ精神力と体力を養うで十分ではないか。末長く登山を楽しむ人材を学校現場で基礎づくりし育成することが大事なのではないか。

 ビーコンなどの装備の問題や特定の教師の責任を問うだけではなく、今回の事故は、学校教育現場における登山そのものが問われているのだと思います。


YAMAPという山アプリ GPSってすごい… [山の本、TVなどメディア関係]

 これまで私はガラケー+タブレットを使っていました。山に行く時はタブレットは重いので、ガラケーだけを持ち歩いていました。

 しかし息子らのiPhoneの契約が2年となるのに機に、大手キャリアから格安SIMに契約を変更することにします。私のタブレットもそれに伴い廃止し、ガラケーを格安SIMのスマホにしました。格安SIMといっても一度昼休み時につながりにくくなりましたが、それ以外は良好です。というより値段を考えれば十分です。

 さて普段からスマホを持ち歩くようになると、山のアプリを入れてみたくなりました。そこでインストールしたのがYAMAPという山アプリです。私は他のアプリを試したことがないので、この文は比較ではありません。あくまで初心者の感想ということでお願いします。

 YAMAPの感想は「これがあれば記録メモを取る必要がない」ということです。

①まず、家で必要とする地図をダウンロードしておきます。これでオフラインでも使えるようになります。
②電話もメールもできなくなりますが、現地で機内モードにしてバッテリーの消費を抑制します。GPSは生きています。
③歩き始めで「スタート」ボタンを押します。すると現在位置が地図上で点滅します。
④途中スマホで写真を撮ります。GPSにより今どこにいるかもすぐにわかります。
⑤歩き終わりで終了します。

 終了すると、この記録を公開するかどうか、写真をアップロードするかどうかなど聞かれますが、それは人それぞれです。

 これまで使用したのは、京都北山・雲取山比良・釈迦岳の2回ですが、何時何分にどこにいたか、どこで写真をとったか、どれぐらいの距離を歩いたのかなどがわかります。

 ひとえにGPSの恩恵に預かっているといえそうです。実際のところ、GPSでの現在地確認は一度使い出すと手放せなくなりそうです。

 スマホによって消費行動が大きく変わっているのは普段から実感としてありました。GPSに関していうとカーナビが売れなくなったりしているのでしょうが、山のGPSの売れ行きもめちゃくちゃ影響を受けているのでしょうね。これから体力や気力が落ちる私なんぞは、スマホでサポートされるのであればそれはそれで結構なことだという気がします。

 一方で、一般的な話としてこうしたスマホアプリは「この山を登る人はこういう服装や装備を使っている」みたいなことがデータになって、消費行動の分析や広告に使われることもあるのではないかと思います。

 先日警察がGPSを使う時には裁判所の令状を必要とする旨、最高裁が判決を言い渡しました。非常に便利なGPSですが、こういうものって使い方を誤ると、非常に怖いものだなあとも思います。

 個人的にはこの便利さは捨てがたいです。これからも使い続けますが、データを公開し続けるかどうかはもう少し考えたいと思います。


比良・釈迦岳 今年の比良の残雪はたっぷり [関西の沢と岩と雪]

 今年の残雪は多いですね。特に比良は多いと聞きましたので、単独・日帰り・電車で釈迦岳へ行くことに。北小松を出るときには小雨が降っていました。長袖シャツにソフトシェル、帽子で様子を見ながら歩き出しました。

 すぐに楊梅の滝です。雌滝を下から見たときはふ〜んという感じでしたが、滝見台から見ると…

楊梅の滝と獅子岩

 なるほど滋賀県一の滝もなるほどと思わせます。特にクライミングができる獅子岩を頭上に従え、なかなかの景観でした。

 涼峠を過ぎた頃から雪が出てきて傾斜も緩やかになります。天気も回復してきたのか日差しが出てきました。

涼峠を過ぎると雪が出てきた

 ヤケ山に11時ごろに到着。稜線に出ると鴨川からの風に吹かれます。釈迦岳ははるか遠くに見えます。「12時半に着けるのか?もう少しかかりそうだな」と不安になりました。コンビニ弁当を食べてエネルギー補給です。
 一度降りてヤケオ山への登りに入ります。白い稜線が続き気持ちがいいです。

ヤケオ山への白い稜線

 キックステップがよく決まります。下の写真で見える集落は黒谷あたりでしょうか。

ヤケオ山への登りは白い稜線

 ヤケオ山で登山者と出会います。金糞峠から八雲に出て武奈ヶ岳が黒い雲に覆われていたため、こちらに転進してきたとのこと。体力あるなあ。
 ヤケオ山から釈迦岳はまたアップダウンです。それにしても雪庇がまだ残っています。下の写真でわかるでしょうか?

ヤケオ山からの釈迦岳 雪庇が見える

 雪庇の横を通りながら、樹林の中を登り詰めると釈迦岳です。稜線としてはヤケオ山への白い稜線の方が格好いいです。

釈迦岳の山頂

 山頂に社会人パーティーがいました。大津ワンゲル道を来たようです。大津ワンゲル道を聞くと、岩まじりのミックスのようなもの。ロープも用意したとのこと。「大津ワンゲル道は危ない、バリエーションの範疇」。それならとリフト道で下山することに。しかし時間が時間だからか、踏み抜きが多くて難儀しました。リフト跡は「兵どもが夢の跡」なんとなくさびしいですね。子供とリフトとロープウェイに乗ってスキー場まで行った思い出があります。

JR比良からの釈迦岳

 北小松からの道はすぐに登山道に入れるのでいいですね。時間的にもちょうどでした。しかし降雪直後などラッセルがあればしんどいコースでしょう。春雪がいいコースでした。それも電車だけで山へ行くことができるって貴重です。

■比良・釈迦岳 2017/3/19
JR北小松(9:00/10:55)ヤケ山(10:55/12:55)釈迦岳(13:05/14:25)イン谷口(14:35/15:05)JR比良

軌跡等はこちら




東日本大震災 7年目を伝えるテレビ番組を見て [日常]

 東日本大震災から7年目を伝える特別番組が各局で放送されています。とても全てを見るわけにも行かないのですが、気になった番組を録画して見ています。これまで見たのは次の4番組。

3/5放送 NNNドキュメント17「高校生がつなぐ〜東北の未来、私たちの夢〜」
3/10放送 NHKスペシャル「15歳、故郷への旅〜福島の子どもたちの一時帰宅〜」
3/11放送 FNN報道特別番組 日本を襲う巨大地震 忘れていないか3.11」
3/12放送 テレメンタリー2017「造られた大地の上に〜東日本大震災6年目の現実〜」

 中でも最も印象に残ったのはNHKスペシャルの「15歳、故郷への旅」でした。福島原発近くの避難指示区域への一時帰宅は大人しか認められていません。15歳になって初めて認められるそうです。当時小学校4年生で、今15歳になる高校1年生の少年や少女が避難後初めて自宅や思い出の場所を目にします。避難先の現在の暮らしの難しさや過去にあったいじめなど友達関係も垣間見ることができて、深く考え込んでしまうような内容でした。

 震災の時も思ったのですが「思い出の共有」というのはとても大事なことなのだなあと、思います。家族にとっても友達関係にとっても、その時を一緒に過ごすから辛いことや嫌なことがあっても一緒になって乗り越えられるのでしょうね。

 15というと旅立ちの年齢でもあります。失った6年間、避難先の学校で独りで「闘って」いるのですが、自分が何と闘っているのかがわからない苛立ちを感じました。答えはどこにあるのか?自問自答しながら少年や少女たちは、自分が生まれ育った街に足を踏み入れる決心をするのです。

 「造られた大地の上に」は岩手・陸前高田のかさ上げされた土地にようやく商業施設が建設されるのですが、商業施設再建には国の補助金の壁があって、簡単なものではないようです。浅野温子さんのナレーションが超熱かったです(^^;)

 体力的にも、精神的にも、金銭的にも、とにかく大変です。思い出を大事にする一方で、新しい生活への変化に対応せざるを得ません。

 2011年からまだ6年しか経っていないのに、知らないことだらけです。せめてできることは被災地の今を知ることなんだろうと反省しました。

【追記】
NHKスペシャル「仮設6年は問いかける〜巨大災害に備えるために〜」を見ました。厚労省所管の災害救助法が随分と古い法律で、今回のような大規模な災害を想定していないことや、そうした問題点は阪神大震災の直後に議論されたものの、(国土交通省の)省庁の壁が原因で前に進まなかったことが紹介されました。木造の仮設住宅など各自治体が独自に取り組んでいる仮設住宅は良いなあと思いました。それぞれの地方で生活の基盤や年齢など自主再建できるかどうかは様々で、災害救助法が定める「仮設住宅は原則2年」は、すでに実情に合っていない。省庁の壁を超えるため内閣府が一元的に監督しているものの、担当者は「現行制度で工夫して」というしかないのです。立法でなんとかするしかないのではと思いました。

京都北山・雲取山 春雪を堪能しました [関西の沢と岩と雪]

 おととしルート・ファインディング・ミスとあまりのラッセルで途中敗退した京都北山の雲取山。雪も落ち着いただろうし、「今度こそは」と、またしても一人で行くことにしました。出町柳発広河原行きの京都バスに乗ります。花背高原バス停に8時50分に到着。国道から中に入ると雪がたっぷり残っています。下の写真は花背高原スキー場跡です。

花背高原スキー場跡

 スキー場跡を左に見送りなおも林道を詰めると、やがて寺山峠への道に入ります。前回帰りのバスに乗るために寺山峠から急いで下った思い出が蘇ります。トレースがついていますが最近のものではありません。まもなく寺山峠へ着きました。

寺山峠

 「今日は誰にも会わないだろう」と思っていたのですが、意外なことに寺山峠で旧花背峠から来たという男性に会いました。男性は「旧花背峠からの稜線道は天然林だし良いコースですよ」と教えてくれました。しばらく話した後、男性は稜線上を、私は一の谷出合方面におりて、いずれも雲取山を目指します。

一の谷を遡ると小屋があった

 一の谷出合から遡ります。立派な杉林に穏やかな清流と、京都北山の雰囲気がとても感じられるところです。雲取山荘(というらしい)からも沢沿いに進みます。雰囲気は良いのですが、ちょっとトレースを踏み外すとズボッとハマるので、額から汗が吹き出ました。しんどかった。

雲取峠

 展望が開け、雲取峠に到着。稜線上を進んで来た先ほどの男性と再び一緒になります。2人で雲取山の山頂を目指します。

雲取山は展望が利かない

 雲取山は展望も効かない山ですが、高校生の時代に計画を立てて以来、一回も登ったことのない山だったので、長年の思いを果たせました。静かな静かな山頂でした。

二の谷は踏み抜きが多かった

 男性と分かれ、二の谷へ降ります。踏み抜きが激しく、ここで初めてワカン装着です。それでもバランスを崩すこともしばしば…この辺が一番大変でした。2度ほど滝場を巻き降りて下降すると、立命館大ワンゲルの小屋です。さらに一の谷と出合い、沢を何度も渡渉して三の谷出合へ。三の谷出合からは林道となりました。北山杉の中を黙々と歩きます。

三の谷出合からは林道になる

 芹生に出るとさすがに除雪された道になりました。芹生の集落は3〜4軒でした。雪かきをされている家もありました。人里離れてどんな生活をされているのでしょう。

 割とそっけない芹生峠を経て、貴船へ車道を延々歩きます。貴船神社から急に観光客の中に放り込まれたような少し居心地の悪い思いをします。釣りをしている方がいたのですが、後でwebを見ていると昨日(3/5)が渓流釣りの解禁日だったようです。

 いい加減疲れたので貴船からバスに乗って(¥160)、叡山電車の貴船口へ。

叡山電鉄・貴船口から電車に

 雲取山は本文でも言いましたが、高校時代から何度も検討しながらお天気やいろんな都合で登れなかった山なので、思いが達成できて、とても嬉しいです。
 京都北山は地形が複雑で読図が必要ですね。今回はスマホのGPSにだいぶ頼ってしまいました。でもまあ考えさせられながら登るというのは面白いもんです。

 京都北山って本当に静かで、特に春雪の頃って楽しさを教えてくれる「近くて良い山」だと思います。なぜか他の山域では感じられない充足感に満たされるのです。

■京都北山・雲取山 2017/3/5
花背高原バス停(9:25/10:00)寺山峠(10:15/11:05)雲取峠(11:10/11:30)雲取山(11:50/13:50)芹生峠(13:50/14:45)貴船バス停

■地図軌跡はこちら
https://yamap.co.jp/activity/722812


老後のある1日を想像すると「寝て食べることしかなかった…」 [日常]

 老後の話題というと、まず年金など生活資金について、そして継続雇用として65歳まで同じ会社で働くのか、をまず最初に思い浮かべて来ました。それはそれで大事なのは確かですが、やっぱり仕事を失った時に生きがいをどこに求めるかもとても大事なようです。

 自分のことをあまり振り返らない性格ですので(^ ^)、老後の生活を具体的に考えたこともなかったのですが、衝撃を受けたのは65歳で正式にリタイアした後の一日を円グラフで表した時のことです。

 睡眠、朝食、昼食、夕食…それ以外はすべて空白です。これでは妻が嫌がるのは目に見えています。愕然としました。趣味の山に登る?しかし毎日は無理でしょう。

 これはイカン。

 ものの本曰く、①趣味は2つ以上持ち今から始める。②「定年後ゆっくりしてから何かを始める」は不可能。③リタイア後の地域デビューはできない。遅い。④趣味については65歳で初心者はだめ。その時に初心者では仲間の輪に入ることができない。⑤リタイア後の人生は現役時代に決まる。

 自分の強みとはなんだろう?得意なものはなんだったっけ?

 はたまた「幸福」とはなんなのか?
 ハーバード大学の心理学者、ロバート・ウォールディンガー氏のグループは75年間もの長い間、724人の人を追跡し、幸せとは何かということを聞き続けたということです。そうすると幸福を感じるのは、富や名声ではなく、良い人間関係を創造できた時に感じるようです。
 この研究はとても有名なようでNHK・Eテレの「スーパープレゼンテーション」でも取り上げられたそうです。

 とりあえず「この10年が大事なんだ」と思った次第です。で、何したらいい?オレ。


岩と雪ベストセレクション1958-1995 この企画の実現に拍手したい [山の本、TVなどメディア関係]


『岩と雪』 Best Selection

『岩と雪』 Best Selection

  • 作者: 池田 常道
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本



 出版が去年発表されて以来、どんなものになるか興味津々でした。

 山と渓谷社が出版していた「岩と雪」は1958年に創刊。1995年の169巻を最後に休刊しました。本格的山岳雑誌を標榜しているだけあって海外の記録が豊富で、日本のクライミングシーンに与えた影響は大きかったと思います。なんといっても創刊の1958年は8,000m峰のうちガッシャーブルムI峰とダウラギリ、シシャパンマが未踏峰で、日本ではRCCIIが立ち上がった年でした。

 内容は池田常道さんが選んだ41編が収録されました。原本を複写したもので、多少読みづらいところもありますが、当時の熱気がそのまま伝わってくるかのようです。

 最初の頃は編集の方針もあって、評論が多いですね。本多勝一さんの「パイオニア・ワークとは何か」は京都大学探検部時代の学生だった頃の評論です。早熟ですよね、当時の学生は。

 上田哲農さんの文章は今の時代でも色褪せないクライマーへの深い洞察を感じさせます。柏瀬祐之さんの「アルピニズムは帰って来た」は何事にもとらわれない登山の創造性を説いていて私もかなり影響を受けました。

 また戸田直樹さんの文が多いです。ジョン・バーカーが表紙となった72号が決定的だったのでしょう。ヨセミテのフリー・クライミングを紹介、実践する記事がいかにその後の日本の登攀を変えたのか象徴するようです。

 リアルタイムで岩と雪を買って覚えているのは山野井泰史さんの「ビッグウォールが待っている」です。コズミック・デブリ(5.13a)のビレイヤーは平山裕示さんというビッグでフレッシュなペアでした。先日亡くなった吉田和正さんのインタビュー(164号)も収録されています。北山真さんの追悼コラムは短いですが、鳥肌が立ちました。

 あとがきのページで書いていましたが、日本の登攀は70〜80年代に大きな変革が起こり、それぞれに分野でおだやかな発展が続いている、というのは当たっているなあと思います。

 とても一度には読みきれません。いずれにしてもこの企画を実現させた山と渓谷社には敬意を払いたいと思います。素晴らしいです。現代のクライマーが過去の登山家たちから学んだり感じるところもあるでしょう。またそうあってほしいと思います。

 ちょっとずつ読んでいきたいと思っています。しかし、どれだけ売れるのだろうか…

【以下、目次より】
編集室(川崎隆章)
ヒマラヤ登山の動向と将来(山崎安治)
パイオニア・ワークとは何か(本多勝一)
スーパーアルピニズム試論(吉田二郎)
日本のアルピニズムの行方(上田晢農)
コラム1 行き詰まりを予感した時代
ヨーロッパアルプスの冬季登攀(小西政継)
パイオニア・ワーク雑感(江上康)
コラム2 日本人の海外登山
アルピニズム未来論(二宮洋太郎)
ヒマラヤ鉄の時代によせてーRCCII十年の回想(奥山章)
新たな困難を求めて(松本龍雄)
座談会 海外登山・現状と問題点(中島寛、原真、安間荘)
高さと困難が登山の目的なのか(岩崎元郎)
日本の岩登りは限界を迎えたのか(斎藤一男)
国内登攀における今後の課題(古川純一)
登攀における主体性の確率(青木寿)
山ー桃水と失墜(遠藤甲太)
アルピニズムは帰って来た(柏瀬祐之)
登山と「神話」(高田直樹)
誰も書かなかったヨセミテ(吉野正寿、林泰英)
コラム3 ヨセミテの風1 ビッグウォールへのあこがれ
100メートルの壁と1000メートルの壁(坂下直枝)
奥鐘山西壁フリー化の試みーその遊戯と論理(山本譲)
コラム4 歴史を動かした表紙写真
ジョン・バーカーの華麗なボルダリング(戸田直樹)
ヨセミテとコロラドの体験(戸田直樹)
日本人のヒマラヤ登山とその背景(本田靖春)
高所登山のルネッサンス(原真)
コラム5 ヨセミテの風2 教訓を生かす
クン西壁 7000メートルの岩壁登攀(近藤国彦)
コラム6 来日クライマーの横顔
日英交流岩登り 日本の岩場をめぐって(デニス・グレイ)
烏帽子奥壁大氷柱(勝野惇司、菊池敏之)
コラム7 フリークライミング定着の足跡
衝立岩フリー宣言(池田功)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ1(戸田直樹)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ2(戸田直樹)
飛翔 瑞牆山十一面岩左岩稜末端壁をめぐるモノローグ3(戸田直樹)
高峰登山 現代登山批判にかえて(和田城志)
ビッグ・ウォールが待っている(山野井泰史)
極限のソロ バフィン島「トール西壁」単独登攀(山野井泰史)
コラム8 山野井泰史という男
インタビュー 鈴木英貴
コラム9 フリークライミングの申し子 平山裕示
インタビュー 平山裕示
EL CAPITAN 垂直のクルーズ(保科雅則)
コラム10 All About 「岩と雪」
アルピニズム33年史(池田常道)
コラム11 アルピニズムの過去・現在・未来
インタビュー 吉田和正
コラム12 追悼 吉田和正
日本ボルダリング紀行 石の人 草野俊逹
コラム13 あの人が生きていたら

前の10件 | -
メッセージを送る