So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

奈良・明日香は歴史上の史跡がゴロゴロ [大阪発家族でアウトドア]

 先週の丹波・虚空蔵山で、心配した腰痛は爆発もせず、ちょっと張るかな?程度でした。そこで今度は距離を歩くことにします。超メジャーハイキングコースの「明日香」です。近鉄で壺阪山駅へ行きます。

壺阪山駅前

 高取町は日本三大山城の高取城を擁します。その門前町がなかなかいいです。薬の街でもあるんですね。

土佐街道の街並みです

 光永寺に頼むと快く門扉を開けて、人頭石を見せてくれました。お寺との関係は全くないそうです。「高取城に運ぶはずだったものが、ここに放られたのでは?」「渡来人のペルシャの人の顔だと聞いてます」と話ししてくれました。

人頭石

 のんびりとした田畑の中の坂を登っていくと、キトラ古墳がありました。公園に整備されていて、駐車場も完備。さすが文化庁と奈良文化財研究所が管理しているだけあります。

キトラ古墳壁画保存管理施設

 施設内部は古墳のレプリカや発掘や漆喰を剥がす作業がわかりやすく説明され、その苦労がしのばれます。
 この日はキトラ古墳の東壁「青龍」の本物を公開していました。なんとラッキーなんでしょう。身分証明書の提示を求められたり、警備は厳重ですが30分も待てば展示室に入れてくれました。「青龍」はもっとも泥でわかりにくい壁画です。それでもやっぱり本物は違います。年に何回か公開しているそうです。「玄武」や「朱雀」、「白虎」「天文図」も見てみたいです。

檜隈寺跡からの風景

 この日はとにかくお天気が良かったです。田んぼは水が張られたばかりです。

高松塚古墳

 次なるは高松塚古墳。古墳時代最後の時期のこれら壁画をもつ古墳。渡来人がこの辺りに住んでいたことと密接な関係があるのでしょうね。

スミレだろうか?

 次は聖徳太子が生まれたとの説があある橘寺。

橘寺

 そして石舞台古墳です。今は石の上に登ったらいけません。割と最近まで登れていたような気がするのですが。
 説明員の型の話によると、蘇我馬子の墓との謂れは日本書紀に記述されている「池」や「墓の現場事務所」などの遺跡調査によって裏付けられているそうです。聞いていた一同が「ハァ〜」と感嘆の声をあげ「勉強なりました」とお礼を言っていました。

石舞台古墳

 岡寺まで急登を上り、「日本最大、最古の塑像観音像」をお参りします。その下の街並みも良かったです。この辺りからやや腰に違和感が…

岡寺の街並み

 亀石です。

亀石

 鬼の雪隠です。すぐ近くに鬼の俎板もあります。

鬼の雪隠

 最後は猿石です。南に少し歩くと近鉄飛鳥駅に到着です。
 とにかく明日香はすごいです。整備されているところももちろんあるのですが、亀石の類は道端にごろっとあるだけなのです。

P6160316.jpg

 「大丈夫か?」と腰痛に声をかけながらのハイキングでした。もうちょっと行けそう。でも重い荷物はまだ自信がない。

■明日香ハイキング 2018/6/16
近鉄壺阪山駅(10:10/10:45)キトラ古墳(11:40/12:15)高松塚古墳(12:25/13:20)石舞台古墳(13:40/14:00)岡寺(14:20/15:15)近鉄飛鳥駅

■スマホの記録はこちら
nice!(4)  コメント(0) 

丹波・虚空蔵山 鎖場から頂上、立杭焼へ [大阪発家族でアウトドア]

 5月になってから腰痛に悩まされていました。ぎっくり腰くらいに考えていましたが、レントゲンの写真を見ながら先生が「これは治らないので、痛み止めを持ちながら(登山を)やったらどうですか」とのこと。最近病院ばっかり行っているような気がします>_<

 腰を慮りながらどうやって登山すればいいのでしょう。何はともあれ、まずは手頃な山に登って様子を見ることにしました。向かったのは丹波の虚空蔵山です。

 丹波路快速に乗ってJR草野に10時半ごろ到着。草野駅は無人ですがICカードが使えました。リュック姿は私一人です。通常のコースは藍本駅からなので、こちらはややマイナールートになるようです。

JR草野駅

 山裾に沿って歩き、油井西のバス停看板の左横のあぜ道のようなところが入山口です。踏み跡程度の末端部はわかりにくいですが尾根道になると明瞭になります。砂利が混じって滑りやすい小道の急登に汗が吹き出て来ました。やがて鎖場が現れました。

鎖場

 真新しい鎖がつけられていて、整備はされているようです。長さは10mほどでしょうか。下りだと鎖は心強いかもしれません。登ると草野駅周辺の水田が見下ろせます。

田んぼに水が張っている

 やがて虚空蔵山が見えて来ました。アップダウンはありますが、どれも数十メートルの上り下りなので、思ったほどダメージは受けません。

左の山が虚空蔵山

 虚空蔵山から来るハイカー数人とすれ違います。「虚空蔵山は団体さんがいて人がいっぱいだった。こっちは人が少なくていいねえ」とのこと。この稜線は低木が多くて木陰があまりありません。立杭への道を分けてすぐで頂上につきました。

虚空蔵山 山頂

 虚空蔵山山頂は思ったより静かでした。混雑のピークを過ぎたようですね。数人のハイカーがお弁当を食べていました。見渡すと丹波の山々が続いていました。いいなあ、丹波。この言葉の響き自体に体の芯がシャンとするような気がします。 
 最近、篠山市が丹波の名前をつけられないか考えているそうですが、わかるような気がします。

名も知らぬ丹波の山々

 ↓板状節理というのでしょうか

板状節理

 下りは立杭焼の方に下山してみました。谷あいの道に降りていくと、よく手入れされたヒノキ林に入ります。今山行初めての木陰らしい木陰です。やがて陶の郷公園に到着。作家さんの陶器を見てみました。この土地は登り窯がたくさんあって、こんなに陶器が盛んなところだと初めて知りました。

立杭焼の登り窯

 陶器になんの知識もない私ですが、単純に欲しいなと思いました。しかし勝手に買うと怒られそうな(誰に!)気がするので、この日は我慢。14:12のバスで相野駅へ。いつかまた来るぞ。

 腰の方は少し張りはあるもののなんとか大丈夫なようです。今度は荷物をどれくらい背負えるかですね。ちょっとずつ無理せぬようにやって行きたいと思います。

■丹波・虚空蔵山 2018/6/9
JR草野駅(10:40/12:50)虚空蔵山(13:00/13:50)丹波陶の郷公園

スマホの記録
nice!(3)  コメント(1) 

トレイル・ランナー トラブルとなっていたようです [クライミングを復活させたい]

トレイル・ランナーに注意喚起の看板

 生駒の緑の文化園を散策していたら、写真のような看板がありました。十分、共存できる関係だと思うのですが、ちょっと配慮がなかったようですね。

 この日は3人のランナーが追い越して行きましたが、追い抜く際に「すみません」と申し訳なさそうに言っていました。一言で随分印象が変わりますよね。

 山は登山者よりランナーの方が多い時があります。若い人やアスリートの感覚を味わいたい人は、トレイル・ランナーを選択したくなるのもわかります。自然に囲まれたところを走るのって気持ちいいですものね。

 うまく上手にお付き合いしていきましょう。

nice!(3)  コメント(1) 

栗城史多さん 亡くなるとやはり寂しい [クライミングを復活させたい]

 栗城史多さんがエベレストで亡くなりました。エベレスト8回目の挑戦でした。亡くなる前日まで7,400mのエベレストから「感謝しながら登っている」との声を送っていて、それが最後の「共有」になってしまいました。

 最初に彼の「登山」を知ったのは、2010年のNHKの番組でした。世間の評判の高まりに反して困惑した覚えがあります。彼の「登山」に関しては「本当に登る気があるのかしら」とたびたび私も思ってきました。胡散臭いものを感じながら、一方で彼の動向が気になってネットを見たりしていました。

 スポンサーがついたり、テレビの番組ができたりアピール度は抜群でした。しかし近年のエベレストは「辞めどきをなくしてしまっている」ように感じました。あまりにも計画性がないからです。誰か止められる人はいなかったのでしょうか。

 twitterに大学時代の栗城さんのエピソードが書き込まれているのを見ましたが、本当に変わった人です。「バカなやつだ」と嘲笑するか、一緒になってバカな夢を見るか、なんでしょうね。だまされたと思うかどうかも人それぞれということかもしれません。

 栗城さんは、いわゆる「登山家」ではなく、自己表現の場が山だっただけではないかと私は思っています。それで勇気づけられる人、元気づけられる人がいるならそれでいいと思います。

 だけどやっぱり死んだらダメだと思います。

 とにかくこれだけ議論の的になる人もそうそういません。人が亡くなるとやはり寂しいものですね。登山史としては記録に残らない挑戦だと思いますが、多くの人の記憶に残ったのは確実だと思います。

 ご冥福をお祈りします。

■関連エントリ
栗城史多さんのエベレストとイモトさんのマッキンリーをみました(2016/1/17)
NHK「7サミット 極限への挑戦」を見た(2010/1/24)
タグ:栗城史多
nice!(2)  コメント(1) 

北ア・鹿島槍 朝日に染まる鹿島槍「来てよかった」 [北ア・鹿島槍ヶ岳(2018残雪期)]

 1日目はこちら

月は西に沈もうとしている

 2日目は午前3時40分に起床します。山荘はもう早出の人たちが黙々と出発の準備を始めています。午前4時にお弁当を受け取り、その場で食べて午前4時35分に出発です。

日の出前に鹿島槍ヶ岳へ出発

 日の出が午前4時50分頃なのでヘッドランプは必要ありませんでした。今日も良い天気です。右手の妙高・戸隠あたりの空が燃えるような色に変化してきました。

日は登ろうとしている

 日の出とともに山々が待っていたかのように、赤く染まり始めます。鹿島槍ヶ岳が雄大でとても優しげに染まりました。

モルゲンロートの鹿島槍

 黒部川を挟んでそびえる剱岳も峻険な尾根のシルエットが谷あいに浮かび上がります。ビバーグで寒さで震えていたら、この朝の光に生き返るような気持ちでしょうね。

モルゲンロートの剱岳

 布引山手前で雪がなくなり途中から夏道となります。しんどい登りですが、鹿島槍の南峰に到着です。風も弱く穏やかなので、みなさんゆっくり眺望を楽しんでいます。

鹿島槍ヶ岳の山頂

 下の写真は鹿島槍の北峰です。昨夜、冷池山荘の人に状態を聞いたら「南峰から先は別世界だと思ってください、懸垂下降が必要な場所もあると聞いています」とのことでした。南峰から鞍部への下りは夏道が出ているようですが、はっきりしません。私たちは、もちろん南峰止まりです!

鹿島槍ヶ岳の北峰

 後立山の山々です。実は私、この縦走もしたことがないんですよね。後立山に行くなら積雪期と決めていたところがありまして、それが実現できないまま今日に至ったという体たらくなのです。例えば「鹿島槍は積雪期に北壁の主稜から登るべし」とか、今考えると恥ずかしくなるような熱さだったのですね(^ ^)

後立山連峰 五竜 唐松 白馬

 頂上でゆっくりしたら、山荘に戻って水を買って下山に備えます。デポしていた荷物をザックに詰め込んで、昨日からずっと憂鬱な思いにとらわれていた爺ヶ岳への登り返しです。とにかく水分補給をマメにとって、あまり何も考えず足を動かしていたら、爺ヶ岳南峰に10時に到着。そこからはガレガレ道、雪道、藪漕ぎをへて13時20分に登山口に到着しました。
 大町温泉郷の薬師の湯に入ってさっぱりしたら、そばを食べて、高速道路へ。心配したほどの渋滞もなく帰ることができました。

 冷池山荘もあるし、駐車場からすぐに取り付けるので、積雪期に爺ヶ岳と鹿島槍に登れるルートとして、南尾根からピストンするのが一番楽なんでしょうが、あの登り返しが玉に瑕ですね。本当は赤岩尾根をルートに組み込めば綺麗なんでしょうが、最上部でロープが必要となりそうなのです。と偉そうに言ってますが体力不足なだけなんですけど(^ ^)。
 この歳になって雪のついた剱岳や後立山の山々を見られるだけでも感謝です。

 連休後半は天気が荒れて雪が降ったそうです。五月の連休は天候判断が大事だと改めて思いました。

■北アルプス・鹿島槍ヶ岳 2018/4/29-30
1.柏原新道登山口(5:40/10:50)爺ヶ岳南峰(11:10/13:00)冷池山荘
2.冷池山荘(4:35/6:30)鹿島槍ヶ岳南峰(7:00/8:05)冷池山荘(8:35/10:00)爺ヶ岳南峰(10:25/13:20)柏原新道登山口
スマホの記録はこちら


後立山・明星山・海谷・戸隠 (日本登山大系 6)

後立山・明星山・海谷・戸隠 (日本登山大系 6)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(2) 

北ア・鹿島槍 爺ヶ岳南尾根から冷池山荘〜こんなにお天気が良いなんて! [北ア・鹿島槍ヶ岳(2018残雪期)]

 連休の前半は天気が良いとのこと。しかし今年は例年になく雪が少ないとのこと。
「後立山なら少しは雪が残っているだろう」と、定番コース、爺ヶ岳南尾根から鹿島槍を目指すことにしました。

柏原新道には登山案内所が

 午前5時半過ぎに駐車場を出発。柏原新道の入り口には登山案内所が開設されています。長野県警あてにメールで登山届けを出していますが、念のため名前とコースだけを記入して出発です。「雪は少ないが、残っている部分もあるので気をつけてください」と声をかけてもらいました。

夏道から爺ヶ岳南尾根へ入ります

 柏原新道は積雪期は通行不可なため、案内板に導かれて爺ヶ岳南尾根へ向かいます。しかし雪があったら楽しい登りなんでしょうが、延々と藪漕ぎが続きます。

雪の道が見えるのだが

 樹間に上部の尾根が見えています。白い筋となっているところがルートになるようですが、そのほかには青々としていますね(>_<)

2100m付近から雪が出てきました

 2,100m付近でやっとブッシュから雪面に出ることができました。ピッケルとアイゼンを出します。雪面をどんどん登っていきます。高度もどんどん上がってきます。

針ノ木岳などをバックに

 赤沢、スバリ、針ノ木、蓮華の山々がとても雄大です。これらの山々は今ひとつ知名度がないですが、いつか行ってみたいです。

やっとJPジャンクションピークに到着

 ようやく南尾根とのJPジャンクションピークに到着しました。

爺ヶ岳が見えます

 しばらくすると雪はなくなり…ガレガレの踏み跡をたどるようになります。これがまた疲れるんですよね。

ご覧の通りガレガレの道だ

 途中で種池山荘ごしに剱岳が見えました。格好いいですね〜

種池山荘越しに剱岳が見えた!

 ひいひい言いながらようやく爺ヶ岳南峰に到着しました。鹿島槍ヶ岳が綺麗な双耳峰を見せてくれました。風もなくとても穏やかな天気です。山でこれほどのお天気にはなかなか恵まれません。本当にラッキーです。

爺ヶ岳南峰に到着

棒小屋沢と黒部別山と剱岳

 棒小屋沢の向こうに黒部別山、そして剱岳がそびえています。「岩と雪の殿堂」の名にふさわしい姿です。棒小屋沢の向こうには十字峡、劔沢の幻の大滝があるはずです。

 下の写真のちょうど真ん中のV字谷が劔沢です。

真ん中に見えるのが劔沢

 爺ヶ岳から冷池山荘へは夏道が出ています。

爺ヶ岳中峰と北峰

 冷池山荘は見えているのですが、なかなかにしんどいです。「明日この道を登り返さねばならないのか」と早くもマイナス思考してしまいます。
 最後にもう一度雪が出てきて、鞍部から少しの登りで13時にようやく山荘に着くことが出来ました。今回は山小屋泊まりとしたのですが「テントにしなくてよかった」と思わせる疲労度でした(≧∇≦)

冷池山荘

 もしかしたら水分不足で熱中症にかかっていたのかもしれません。ノドがカラカラでしたので(^ ^)、山荘ではさっそくビール(大は750円、小は550円)を買って、いい気分になったら昼寝です。
 この日は40人弱が宿泊予定とのこと。私たちは小部屋で単独行の方と相部屋でしたが十分な広さでした。夕食は17時からでご飯とお味噌汁はおかわり自由でした。あすは午前4時にお弁当を頼み鹿島槍アタックです。20時15分に消灯でした。

■北アルプス・鹿島槍ヶ岳 2018/4/29-30
1.柏原新道登山口(5:40/10:50)爺ヶ岳南峰(11:10/13:00)冷池山荘
2.冷池山荘(4:35/6:30)鹿島槍ヶ岳南峰(7:00/8:05)冷池山荘(8:35/10:00)爺ヶ岳南峰(10:25/13:20)柏原新道登山口
スマホの記録はこちら




nice!(2)  コメント(3) 

アーサー・ランサム好きの国会議員 [日常]

 毎日新聞の4月24日(火)朝刊に「蔵書拝見」というコーナーがありました。これまで全く知らないコーナーだったのですが、そこで見つけた「ツバメ号」「アーサー・ランサム全集」「海洋冒険」の文字を見つけてしまいました。

 紹介していたのは河野太郎外務大臣です。

小学生の頃に読み、今でも何もすることがない日曜日に読み返したりする本だ。

 今でも読んでいるとは、かなりのランサム好きです。

父親は海外にいる海軍軍人でほとんど家にいないが存在感がある。うちと似ていた。

 お父さんは、衆議院議長も務めた河野洋平さん。忙しくて確かに家にはいなさそうですね。

自分も3人兄弟の長男。主人公の弟妹への責任感に共感する部分もあった。

 ジョン派なんですね。それならやはり「海へ行くつもりじゃなかった」が好きなのでは?

 河野さんは帆船小説にハマったそうで、「ホーンブロワー」シリーズや「第九軍団のワシ」も読んだそうです。私、どちらの本も知りませんでした(^^;

息子に「面白いから読め」と全集を薦めたら「えー、つまんない」と言われてちょっとショックだった。しょうがないから(将来生まれるであろう)孫に渡そうかと思っている。

 河野太郎さんは「原発反対」など環境問題に熱心なイメージがあります。もしかするとランサムの読書体験が自己形成に大きく影響し、今でも政治家・河野太郎の中心に「ツバメ号」があるのかもしれません!

 そう考えると納得できるような気がします。

■関連エントリ
「海へ出るつもりじゃなかった」で神宮輝夫さんの記事が出ていました
「ツバメ号とアマゾン号」のファンを見つけました!超有名作家です


ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

  • 作者: アーサー・ランサム
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



▼電子書籍版が出ていました!

ツバメ号とアマゾン号 (上) (岩波少年文庫ランサム・サーガ)

ツバメ号とアマゾン号 (上) (岩波少年文庫ランサム・サーガ)

  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2010/07/14
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 

春日大社の砂ずりの藤 [大阪発家族でアウトドア]

春日大社の砂ずりの藤

 春日大社の「砂ずりの藤」が見頃でした。変な名前だなあと思ってHPを見ると

慶賀門を入った所の棚作りの藤で、5月初旬頃に花房が1m以上にも延び、 砂にすれるということからこの呼名があります。


摂関近衛家からの献木と伝えられ、『春日権現験記』にも書かれている古い藤、 樹齢700年以上といわれます。


 納得。そらそんなわけないですよね(^ ^)
nice!(4)  コメント(0) 

晩御飯は豆ごはん! [日常]

豆ごはん

 先日ハイキングで買ったウスイエンドウ。粒はまちまちでしたが、三合炊いたら十分でした。おいしかった〜(^ ^)
nice!(3)  コメント(0) 

春ですね…ウスイエンドウ買ってしまいました [日常]

ウスイエンドウ

 近鉄河内国分駅から竜田越え奈良街道をたどるハイキングコース。ひっそりとした山の中で「こんな所に民家が」と驚いていると、軒先で「はっさく」が一袋100円で売られていました。その横に「ウスイエンドウ350円」という値札。

 奥にいたおばあさんが「エンドウマメ美味しいよ」と明るく声をかけてきました。あまりのタイミングの良さに苦笑。「じゃあもらいます」と買うことにしました。はっさく一つをおまけしてくれました。

 帰ったら「豆ごはんには量が少ないな」と言われました。なんでも友人からそら豆やスナップエンドウやらをたくさんもらったばかりだそうです。しばらく豆ざんまいの日々となりそうです( ◠‿◠ )

■ハイキングのスマホの記録はこちら

nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る